さいたまスーパーアリーナとレンガの街

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日はさいたまスーパーアリーナに行ってきました!!!

 

WEBより

 

えー、正確にはアリーナのすぐ近くまで行ってきました・・。

イベントでもスポーツ観戦でもなく、
もちろんお仕事です!!

 

アリーナの前にけやき広場という場所があり、
その近くでお打合せがありました。

 

WEBより

 

けやき広場は位置的にはビルの2階にあるのですが、
広い公園のようになっていてすごく雰囲気の良いところでした。

 

イベント時や、
もしかしたら週末も
いろんな出店が出て活気がありそうです。

 

WEBより

 

何か楽しそうでうらやましいな・・。

今日は平日だったので
出店は全て閉まっていました・・。残念・・。

 

 

さて、アリーナ近くでの打合せの後、
腹ごしらえをしてから深谷へ行ってきました。

 

 

今日のお昼ご飯は関越道の東松山SAでカツカレーをいただきました。

 

だいたい高速のサービスエリアでご飯を食べる場合、
ほぼほぼ毎回カツカレーです・・。

まずハズレがないことと、
ガッツリ感がたまりません!!

 

深谷へは昨年にお引渡しをしたお宅に年末のご挨拶に伺ったのですが、
あいにくお留守でお会いできませんでした・・。またまた残念・・・。

 

赤レンガの洋館

 

外構もすごくキレイになっていて、
お花もキレイにお手入れされていました。

あ~、お会いしたかったなぁ。

 

深谷の住宅地に燦然と輝く赤レンガのお屋敷は
存在感がすごくありました。

深谷は煉瓦の街ということですが、
その深谷に本物のレンガの家を建てたことは
深谷の行政にも少しは貢献できたのでしょうか?? (笑)

 

JR深谷駅 レンガの洋館

 

プチ東京駅のような深谷駅もまたゆっくり見学に行きたいです。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

立川モデルハウス ご来場ありがとうございました。

 

こんにちは。

立川展示場の黒川です。

 

立川展示場 れんがの家

 

今週末もたくさんのお客様に

立川展示場にご来場いただきました。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

今週はクリスマスイベントの「チャームづくり」が

場内で開催されていたようで、お子様連れの

お客様が非常に多かったです。

 

今日の立川は日中の気温が10℃を下回り

非常に寒い一日でした。

 

しかし展示場の中はとても暖かく

ご見学された方々も驚かれていた様子でした。

 

立川展示場 電気暖炉

 

リビングには電気暖炉がありますが

こちらは暖房用ではなく観賞用として

置いてあります。

 

展示場の暖房は全てエアコンのみで行っています。

特に床暖房など入れていないのですが

ご案内中、お客様に説明すると

 

「エアコンだけでこんなに暖かくなるんですか~?」

 

と皆様ビックリされます。

 

年末は27日まで営業しておりますので

高断熱のお家を体感されたい方は

ぜひモデルハウスまでお越しください!

 

 

 

 

バラの冬支度の作業はたいへん・・。

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日は一気に寒くなりましたね・・。

今朝はバラの葉っぱの摘み取り作業を少しでも進めないと・・と思い、
裏庭のツルバラを手にかけたのですが、
北風が強めに吹いてきて少々手こずりました。

寒いのは着込めば何とかなるのですが、
風が強いと落とした葉っぱが風で飛ばされて
お隣のお庭に飛んでっいってしまいます。

 

展示場なのでお隣との間に塀などはありませんから、
ご迷惑にならないようにと思うと、
作業性が悪くなってしまうんですね・・・。

 

レンガの洋館とバラのある庭

 

それでも何とか、朝のうちに手前のアーチに誘引してある2種類のツルバラと
壁に誘引してあるツルバラの下の部分だけ取りました。

 

壁に誘引してある方は真っ赤な花が咲くツルバラですが、
アーチの方に誘引してあるのは黄色いバラと青いバラです!

この一角で赤・黄・青のバラが同時に咲いたらどんな感じになるんでしょうね?

 

といいますのも、
今年の5月の時点では青い方のバラはまだ小さくて
花もあまり多く咲かなかったので、
このコンビネーションは来シーズンが初になるんです!

 

レンガの洋館とバラがある庭 2018年5月

 

5月の写真を見ますと、
このようにアーチの手前側の黄色いバラは大きいのですが、
アーチの奥の方にある青いバラの花は全く咲いていません。

しかし青い方のバラはその後の夏にかなり成長して
枝を増やしながら伸びました。

 

 

反対側から見ても
今年の春とは枝の充実度合いが全く違います。

 

5月がとても楽しみです!!

 

 

赤いバラ テス・オブ・ザ・ダーバービルズ 壁に誘引

黄色いバラ ゴールデン・セレブレーション アーチに誘引

青いバラ ブルームーン アーチに誘引

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

レンガの洋館とバラ、そしてワイン

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

例年よりも暖かいとはいえ
着実に季節は冬本番に近づいてきています。

 

今朝、久しぶりに立川モデルハウスのバラのチェックをしましたが、
ん~、まだまだ咲きそうですね・・・。

 

今日、私が大好きなバラのストロベリー・アイスが咲いていました。

 

レンガの洋館と奇麗なバラ

 

フロリバンダなので
咲いている花の横にもう二つツボミがありました。

 

レンガの洋館と奇麗なバラ

 

レンガと格子窓がある洋館とバラは本当に素晴らしい相性ですね!

 

ストロベリー・アイスはその名前も可愛いですが、
本当にアイスクリームのように可愛らしいお花が咲きます。

濃い目のピンク色で、
花びらはグラデーションで内側に行くほど薄い色になります。

中輪で樹勢も強すぎず、
本来だったら花壇の手前側とかに植えたいバラですが、
立川モデルハウスでは何故か奥のさらに奥といった場所にあり、
咲いていてもまず目立ちません・・・。

かわいそ過ぎる・・・!

 

バラは根を深くまで入れるため、
地植えのバラの移植は難しいです。

 

せめて、表側の花壇に新しく苗を買ってきて植えようかな・・、
なんてことも思ったりしております。

 

 

話しは変わって先日のお休みの日に、
ちょっと良い白ワインをいただきました。

 

 

シャブリ 1er クリュ レ・ヴァイヨン、2015年ものです。

 

シャブリとは、
フランスのブルゴーニュ地方のもっとも北に位置する白ワインの名産地で、
冷涼な気候で育てられるシャルドネ種から
クリアで美味しいワインが造られています。

しかも今回は1er クリュということで、1級畑モノです。

 

とはいえ、あまり期待していなかったのですが、
その浅い期待はあっさりと覆され、
何とも幸せな感じになってしまいました~、ウレシイ!!

 

香りは青リンゴに少し柑橘系が重なってくる感じ、
色はシャルドネらしい緑色がかった黄色、
口に含むと柑橘系のニュアンスと共にわずかにアーモンドの香り。

木樽は使っていないということなので、
樽由来のものではなく
果汁からくる味わいですね。

2015年ものだからか、
思ったよりも濃厚で美味しかったです。

2015年のフランスはブルゴーニュもボルドーも当たり年で、
今後、グレートヴィンテージになっていく可能性が高いですよ!!

 

気分が良くなり、赤ワインも飲みたいと、
こちらも負けずに良いワインを開けてしまいました。

 

 

ボーヌ 1er クリュ レ・トゥーロン、2006年ものです。

良く購入するENOTECAさんでセールの時に手に入れたワインです。

 

ボーヌはブルゴーニュ地方の中央あたりにあり、
赤ワインと白ワインの両方が造られているところです。

ブルゴーニュの赤ワインなので、
ブドウはピノ・ノワールです。

こちらも1級畑モノですが、
なにより2006年という当たり年のワインであることと、
12年の熟成を経ていることで、
期待が持てます。

本来ならもったいなくて開けられない・・・ワインですが、
酔った勢いで開けてしまいました!

 

色は熟成が長めということもあるのか、
濃い目のガーネット色です。

香りは・・・、
お花畑にでも来たかのような華やかな香り・・・、
これはスゴイ!!!

スミレのようなお花の香りと
ラズベリーのような赤系の果実の香りが
抜栓直後からふわーっと広がってきました。

口に含むと、
十分にしっかりしたタンニンと、
角がとれて優しくなった酸味、
まだまだパワフルな果実味・・。

スバラシイ!!の一言です!

ひと口ごとに残る余韻も長く豊かで、
あ~、なんて美味しいんだろう、と幸せ気分満開でした!

 

次の日に、
何でもない普通の日に
なんでこんなに良いワインを二本も開けちゃったんだろうと、
ちょっとやり過ぎ感に後悔をしてしまいました・・。

 

しばらく節約をしなければ!

そう反省をした竹内でした。

 

いつもありがとうございます。

 

地下付き3階建てのレンガの洋館 工事順調!

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

ブログでたびたび書かせていただいている世田谷区で施工中の
地下室付き3階建ての物件の工事が順調に進み、
昨日の時点で3階の壁を立ち上げている状態でした。

 

3階建てレンガの洋館 施工中

 

お馴染みの定点画像。

手前側にある桜の木も
葉が残り少なくなってきました。

 

3階建てレンガの洋館 施工中

 

たまたま来ていた現場監督の松原と会い、
上棟までの流れを簡単に打合せしました。

 

この物件は3階建ての塔屋があるレンガの洋館ですが、
3部屋ある地下室があり、
さらに2台分のビルトインガレージも装備されるという、
盛りだくさんな物件なんです。

 

この物件の施工技術的なハイライトは2つありました。

1つは敷地の大部分に地下室が出来るという点です。

それが何か??と思われるでしょうが、
敷地の大部分を掘り下げるって
掘り出すときに出てくる土はどうするの??とか、
そもそも重機はどこに置くの??とか、
お隣の土が崩れてこないの??などなど、
施工する方としましては難題がとにかく多いのです。

 

地下室工事中の時

 

当初はそれに加えて、
地下水が湧き出す可能性が高くささやかれていましたが、
こちらは幸いにも湧き出してきませんでした。

結局、地下室の骨格を造るのに2ヶ月という期間がかかりましたが、
職人さんが頑張ってくださったおかげで
お施主様にも喜んでいただける地下室になりました。

 

そして2つ目のハイライトは2台分のガレージに仕切りを入れないという点です。

ツーバイフォー工法の場合、
その工法の特質から2間幅(3.64m)以上の間口は避けるのですが、
車2台だと5m以上の間口が必要です。

今回はお施主様のご希望で仕切り壁を入れず、
ガレージシャッターも1枚物で入れてほしいというご要望がありました。

そのために当社は
床根太を特殊なものを使用することでそのご要望を実現させました。

 

 

通常床根太は2×10(ツーバイテン)を使用します。
2×10はSPF無垢材で厚みは38mm×235mmですが、
今回はLVLという特殊なより強度の高い材質の合成根太を使用し、
その厚みはなんと89mm×302mm!!

しかもピッチが細かく入っております。

 

これは頑丈そうです!

 

なかなかこんな材料を他の現場で見かけることもなく、
こんな太い材料が転ぶはずもないのに
ちゃんと転び止めが入れてあるあたりも
マジメだな~っと我ながら誇らしく思いました。

 

さて、こちらの物件は来週中には上棟を迎え、
年内にはサッシや断熱も入り、
セキュリティーと雨仕舞を確保したうえで年末年始が迎えられそうです。

 

地下室や広めのガレージなどをご検討されている方、
是非ご見学いかがでしょうか?

ご希望の方はわたくしまでご連絡いただきましたらご案内させていただきます。

ご連絡先は立川モデルハウスまでお願いいたします。
(立川モデルハウス 042-526-2433)

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

日高市フレンチスタイル平屋建て 完成間近

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日は午後から埼玉方面に行っておりました。

夕方、日高市に向かって移動中に
奇麗な虹が出ているのを見つけました。

 

 

確かに今日は変な天気で、
日が出ているのに雨が降っていたりしましたね。

 

さて、日高市で建築中のフレンチスタイルの平屋建て住宅は
外回りがほぼ完成して足場も外されました。

 

フレンチスタイル 平屋建て

 

ビルトインガレージも備えた広いおうちです。

 

フレンチスタイル 平屋住宅

 

凹凸が多いデザインで、
装飾もつけているので、
ステキな外観になっています。

 

フレンチスタイル 平屋建て

 

外壁は塗り壁で、
コーナーストーンも塗り壁で造っています。

本物の石を積んでいるかのように表現されたこちらの外装は
ゲーテハウスさんに依頼をしました。

 

切妻部分にあるお花のレリーフも塗り壁で造ってもらいました!!

 

フレンチスタイル 平屋住宅

 

この家には玄関とガレージをつなぐ外廊下があり、
ガレージから家の中へ雨が降っていても濡れずに入ることが出来ますが、
なによりもこのエレガントなデザインが優雅で贅沢ですね!

敷地が広いからできたアイデアでした。

 

残るは内装の仕上げと外構工事です。

お引渡しまであともう少しです!
気合を入れて仕上げていきましょう!!!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

立川展示場 朝の日課

 

 

こんにちは黒川です。

 

12月ということで住宅展示場内でも

様々な年末イベントが開催されております。

お時間ございましたら立川展示場にも

ぜひお立ち寄りください。

 

ハウジングワールド立川

https://www.abc-housing.co.jp/syuto/park/tachikawa.html

 

さて、この時期になると

紅葉もピークを過ぎ

樹木の葉もだいぶ減ってきました。

 

立川展示場 庭の木

 

展示場のガーデンにある木も

あと数日ほどで

完全に葉を落としそうです。

冬の訪れを感じさせてくれますね。

 

ただ、大変なのは落ち葉掃除です。

朝、出勤してから落ち葉掃除をするのが

日課となっているのですが

いくらやってもキリがないという状況です(*_*;

 

落ち葉

 

今日、ざっと掃除しただけでもこれだけ集まりました。

この日課が続くのも、あと数日の辛抱といったところでしょうか。

 

落ち葉といえば童謡にもありますが

「落ち葉焚き」を思い出します。

 

昔、田舎の方では落ち葉焚きで

焼きイモなど焼いている光景を

目にしましたが

最近はあまり見なくなりましたね。

 

火事の危険があるため庭での焚火を

禁止している自治体もあるとか。

 

そういうご時世なのでしょうが

少し残念な気がしますね。

 

 

さてさて冬という事で日が落ちるのも

だいぶ早くなってきました。

 

立川展示場 夕方5時ごろの様子

 

冬の夕方ごろの雰囲気も良いですね。

 

 

今日からバラの冬支度スタート!

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日ははっきりしない天気で寒いですね。

 

冬になったということで
展示場のバラもそろそろ冬支度が必要です。

バラは放っておいても水枯れさえ起こさなければ
季節になると花を咲かせますが、
より奇麗に!!となりますと、
手をかけてあげた分、きちんと応えてくれる
何とも愛らしい植物です。

 

バラの季節ごとのお手入れは
是非オーナーズ倶楽部レポートをご覧いただきたいですが、
この季節はまず、葉っぱやツボミなどを全て摘み取ってしまう作業を行います。

 

 

葉っぱを全てとってしまうことで
バラは冬が来たことを認識し、
休眠状態に入るようになります。

また、葉っぱに寄生した害虫や
病気の菌を少しでも取り除くことにもなります。

 

今年は例年よりも暖かいのか、
まだ花をつけているバラもありますので、
花が咲いているものは咲かしておいて、
花が終わったら摘み取っていくと良いです。

 

 

立川モデルハウスでもまだまだ咲いているバラが多いので、
花もつけておらず、芽も伸びていないバラから作業を始めます。

何しろ大小50本のバラがございます。
そしてそのうち18本が大きなツルバラです。

今月は結構バタバタしそうなので
できる時に少しずつでもやっていかないと間に合わない気がします。

例年、数日かけて行う作業なんですよ。

 

今日はツルバラの葉を取り除きましたが、
朝のほんの1時間程度なので、
半分もとることが出来ませんでした。

 

ツルバラは枝が長いので、
この夏以降に伸びた枝が
庭を歩くときに邪魔な位置にあることもあります。

そういう場合は葉を全部取ってしまうと
思わず棘に引っ掛かってしまうこともありますので、
安全のために枝先だけ葉を残しておくと良いですよ。

 

 

枝の先の方は剪定の時にどのみち切り落としてしまいますので、
葉が残っていても気にしません・・。

 

さあ、いつ終わるのでしょか?
始まったばかりですが、終わりが全く見えません・・。

 

気長に、でもできる時に出来るだけやっていこうと思います。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

立川は冷たい北風が強くなってきました。

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

日が暮れて
風が強くなり
一気に寒くなってきました・・・。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

当社のモデルハウスでも看板が風で倒されてしまいましたが、
他社さんのモデルハウスでも
物が飛んだり倒れたりしてしまっていました。

 

冷たい風なので
もしかしたら木枯らし??

木枯らしはもっと強いか・・、などと、
とにかく寒くなることに憂鬱でおります。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

ドアの向こう側は暖かいですよ~。

 

クリスマス飾りを施した輸入住宅は
とにかく可愛らしくて素敵ですよね!

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウス

 

塔屋の窓からのぞくクリスマスツリーがお洒落すぎます!!

 

今日もたくさんのご来場有難うございました。

明日も暖かいモデルハウスでお待ちしております。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

冬の訪れとワインカーヴ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

立川モデルハウス クリスマス・リース

 

11月も最終日。
今年も残すところあと1ヶ月となりましたね。

 

12月というと
冬になるってことですよね・・。

あ~、寒いの嫌だな・・。

 

 

さて、坪松のブログ(⇒ここ)にもあるように
この前の水曜日に山梨県の勝沼へ
クリスマスパーティー用のワインの仕入れに同行させていただきました。

 

ぶどうの丘 勝沼

 

 

ぶどうの丘というネーミングの通り、
小高い丘の上に立地するこちらの施設からは
景色が抜群に良かったです!

 

 

周囲はブドウ畑が本当に多くあり、
期待に胸が膨らみます!

 

 

まずは美味しい料理で腹ごしらえをしまして・・・、

 

 

いざ、ワインカーヴへ。

 

 

社長も坪松も幸せそうな顔をしてますね・・。

ホームパーティー部の田澤さんはドライバーなので、
可哀そうに試飲は出来ませんでしたが、
しっかりとお勉強していましたよ。

 

同行させていただいたからには、
仕入れるべき白ワインに関して
かなり真剣に試飲を繰り返しましたよ。

そして自信をもっておススメできる3種のワインを選択しました。

 

が、せっかくなので赤ワインも試飲・・。

ここからは完全に趣味の世界です (笑)。

 

試飲会でもそうですが、
何種類も飲み比べる時は
どうしても軽めのワインよりもフルボディーのワインの方が
美味しく感じてしまいます。

実際に同じようなことをお話しされてるご婦人方もいらっしゃいました。

 

しかし、家でゆっくりといただくことが多い私としましては、
フルボディーのワインは飲み疲れてしまうことが多く、
むしろミディアムボディーの方が飲みやすくて好みです。

 

ということで、赤ワインで一押しだったのはコチラ!

 

 

甲斐ノワール樽貯蔵 シャトレーゼ勝沼さんのワインだそうです。

 

私が大好きなフランス種のピノ・ノワールと
同じくフランス種のカベルネ・ソーヴィニヨンを足して2で割ったようなワインでした。

 

・・・感想が雑過ぎて、わかりづらいですね・・。

 

ちゃんと感想を言いますと、
カベルネ・ソーヴィニヨンに似たベリー系の華やかな香りがしました。
色はきれいなルビー色、
お味は酸味とタンニンのバランスが良く
ミディアムボディーながら骨格がしっかりしていて、
フレッシュな果実味による甘みも微かに感じられます。

重すぎず奇麗なワインという印象でした。

 

ま、こちらはパーティーに出ることは無いと思いますので
悪しからず・・。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。