大次郎

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

急な用事があって、
先日の月曜日に家内の実家がある福井県高浜町に帰郷してきました。

 

用事が住んだ後、
実家の2軒隣にあるお菓子屋さん「大二郎餅」に伺いました。

 

若狭地方らしい建築様式の建物です。風情がありますね。

 

田舎の、しかも路地裏にあるお店なので、
知る人ぞ知るという感じのお店っぽいのですが、
実はあちらでは結構な有名店です。

 

平安時代、遣唐使はここ若狭地方の小浜から出航したということで、
昔から京都とのつながりが強く、
京都の文化が色濃く入ってきているようです。

実際に高浜町の西隣は京都府舞鶴市という立地にあります。

そのせいもあってか、店内も趣きがあって落ち着いています。

 

あれ?

 

阪神タイガースのユニホームがなぜこんなところに??

 

実は、こちらのお店の息子さん(家内の年代から見たら・・ですが)は
阪神タイガースの現役のピッチャーなんですよ!

#41 高橋聡文投手です。

主に勝ちゲームの中継ぎとして使われることが多いセットアッパーです。

ベイスターズファンの私から見たらライバルチームの選手ですが、
昨シーズンはなかなか打ち崩せず手こずっていましたね。

 

今年もより進化したベイスターズの強力打線との対決を楽しみにしています

 

話がそれましたが、こちらのおススメはこちら!!

パイまんです!!

少し塩気のあるパイ生地の中に粒あんが詰まっています。
美味しいので、よくお土産に買ってきます。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

商店街

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日はあるお客様との打ち合わせのため、
同僚の永田君と一緒に武蔵小山にうかがいました。

 

武蔵小山と言えばアーケードのある商店街!

 

 

住んでいる街にこんな大きな商店街があったら毎日盛り上がっちゃいますね!!

 

実は私は大学生の頃、
京王新線の幡ヶ谷駅周辺に住んでいました。

幡ヶ谷駅と言えば「六号通り商店街」!

六号通り商店街(WEBから拝借)

六号商店街は武蔵小山商店街に比べると規模は全然小さいのですが、
渋谷区とは思えない、下町っぽい雰囲気のある暖かいところでしたよ。

そんなわけでして、商店街には懐かしい感情が沸いてしまうんですね。

 

それにしても今日は日曜日ということもあってか、すごい人通りでした!!

 

せっかくなので、ランチをしていこうということになり、
お客様おススメのカレー屋さんに入り、
これまたお客様おススメの「100時間カレー」をいただきました。

 

その名の通り、100時間煮込んだというカレーは
ビリっとくる辛さ(私は中辛を選びました)の中にも甘みがあり、
とてもまろやかで美味しかったです。

中辛という割には私的には限界に近い辛さがありましたよ。

是非、また食べに行きたいです。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

イベント準備最終章

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日は「バラを楽しむ会」本番です。

良いイベントになるよう、みんなと協力して頑張ろう!

 

 

ズラッと並ぶシャンパングラス。
ウェルカムドリンク用ですよ~。

どんなウェルカムドリンクを用意しているかというと・・・、

そこはサプライズ的なこともありますので
開催後のブログでご紹介しますね。

 

今日の一押しショット!

 

 

イングリッシュ・ローズの「エブリン」が満開です。

ダマスク香の良い香りがする大輪のツルバラです。

淡いオレンジがかったピンク色のバラで、
丈夫で育てやすいバラですよ。

かなり大きく育ちますので、
レンガの壁に誘引させても良いですよね!

赤レンガの外壁なら色の相性もバッチリではないでしょうか。

 

竹内でした。いつもありがとうございました。

 

 

「バラを楽しむ会」直前!

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

19日に開催予定の「バラを楽しむ会」ですが、
心配だったことが2つありました。

 

1つ目はバラの状態。

今年は例年に比べ開花が早く、
19日にはバラが咲き終わってしまうのでは、と心配していましたが、
どうやら大丈夫そうです。

今朝のワンショット!

手前からマダム・ヴィオレ、リバプール・エコー、ガートルード・ジェキル。

まだまだたくさん花を咲かせていますよ!!よかった~・・・。

 

 

2つ目の心配は天気です。

先日から土曜日に雨マークがついていました。

しかし今日になって少し良い方向へ予報が修正されているようで、
19日は朝から曇り、夕方近くになると晴マークまで出始めました。

出来れば雨は降ってほしくないですよね~。

 

窓から眺めるバラの景色も素敵ですが、
できればバラは外でじかに見ていただきたいです。

 

なんとか、天気頑張ってほしいですね!!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

1周年記念パーティーにお招きいただきました。

こんにちは。立川展示場の竹内です。

愛知県は知多半島にある武豊町というところで、
昨年竣工しましたデイサービスセンターが
開業1周年を迎えるということで、
昨日の日曜日、その記念パーティーにお招きいただきました。

 

『スペシャル・デイサロン・メロディー』という名称です。

デイサービスセンターとはいえ、
オーナー様でありお施主様でもあるS様のこだわりが詰まった、
高級かつエレガントな建物です。

この写真は竣工直後のものです。
なぜなら、昨日の愛知県は昼から土砂降りの雨・・・!

とても写真を撮っている余裕などありませんでした・・・。

 

代表でもあるお施主様のご挨拶から始まり、
ちびっ子バレリーナのかわいい演技、
お施主様のご友人による演奏会、
利用者さんたちによる合唱などなど、
「メロディー」という名の通り、音楽に溢れたパーティーでした。

 

ステンドグラスが奇麗な音楽ホール。
ちびっ子バレリーナさん達。皆さんとっても上手で可愛かったですよ!

 

天草ハウジングらしい装飾が施されたメインホール。
ヴァイオリンやピアノによる演奏をご披露いただきましたが、
生演奏は音が抜群に良いですね!!聞き入ってしまいました。

 

最後に知多信用金庫の音楽部の皆様によるお歌で盛り上がりました。

ブルーのジャケットで登場されたので、
てっきり地元の合唱団さんか何かと思いましたが、
信用金庫の職員さんたちだったんですね!それにしては(失礼!)お歌が上手でした!!

 

このメインホールは8人掛けの大きなダイニングセットが
ゆったりと5セットも配置されています。
なにしろ、50畳ほどの大空間です。

木造建築、しかもツーバイフォー工法とは思えませんよね。
でも、工夫をすればこのような大空間をとることも可能なんですよ。

もちろん、耐震性などの強度も抜群に強いんです!!

 

楽しかった時間もあっという間に過ぎて、東京へ帰る時間に。

しかし外は相変わらずの大雨。

帰りの高速道路は川の中を走っているようで、
すり減ったスタッドレスタイヤをいまだに履いているヴィッツでは
いつグリップを失ってもおかしくない状況・・・。

フリー画像

前もろくに見えず、事故があちらこちらで多発している模様。
私もさすがに恐怖を感じたので、
雨が弱くなるまで途中で休憩をしてから帰ってきました。

無茶は禁物ですものね・・。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

心に残る教訓

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

ニュースを見て知ったのですが、
自動車レースの最高峰F1のヨーロッパラウンドが始まったようです。

レーサーのテクニックよりも車の性能の方が優っている今のF1は、
私的には少々楽しくないのですが、
F1と言えば、実は良い思い出があるんです。

 

フェラーリってご存知です??

知らない方はまずいないのでは・・・とは思いますが、
念のため・・。

フェラーリは現在のF1レースに参加しているチームの中で、
唯一休むことなく参加し続けている名門チームであり、
しかも市販車は超高級車として、
世界のセレブリティーに愛され続けいるカリスマ自動車メーカーさんですね。

 

さて、そんなフェラーリの日本総代理店コーンズさんのショップが近所にあるのですが、
子供が小さかった頃、ショップにF1マシンが展示されていたので、
子供と一緒にショーウィンドウの外から眺めていたんです。

お店の方から見たら、まずお客にはならなさそうな一般ピープルの私たち親子でしたが、
なんと中から営業マンさんが出てこられて、
「良かったら中に入って見ていってください!」と声をかけてくださったんです!!!

驚きとうれしさと、そしてあまりにも場違いな場所へ行く恐怖感と・・・。

なにしろ、フェラーリは家が買えちゃうほどのお値段がします・・。

 

でもせっかくなので、じゃぁ、と中に入れていただき、
目の前で真っ赤なF1マシンを見させていただきました。

 

その当時のF1王者、皇帝ミハエル・シューマッハが駆ったというマシンは
とても美しく、迫力があって格好良かったのを覚えています。

ミハエル・シューマッハとフェラーリF1マシン

 

そしてその隣には、349台しか生産されなかった超希少車F50が展示されていました。

フェラーリF50

あれから20年近く経ったのに、今だに走っているところを見たことがない・・・。

営業マンさんは丁寧に色々と説明してくださり、
・・・触らないでくださいね!と注意はされましたが(笑)・・・
場違いな筈の場所で、ゆっくりと楽しむことが出来ました。

 

明らかに買う気なんかないし、
買いたくたって、その代金を支払える筈もない私たちを
親切にもてなしてくださったコーンズの営業マンさんの対応が、
本当に心にしみました。

 

車と家との違いはありますが、高級住宅を販売している私としましては、
コーンズさんの営業マンさんにしていただいたおもてなしを手本に、
丁寧な接客を心がけていきたいと思います。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

バライベント1週間前

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

19日に開催予定のバラをメインにしたイベント「バラを楽しむ会」まで
あと1週間となりました。

7日に参加お申込みの締切りをさせていただきましたが、
予想を上回るお申込みをいただきました。

お申込みをいただいた方々、どうも有難うございました。

 

 

3月以降の天候が良かったこともあり、
バラは今週末が最大の見ごろになりそうです。

ただ、まだまだツボミはたくさんありますので、
来週のイベント当日も奇麗に咲いていると思いますよ!

 

 

いま、モデルハウスの周りはバラの香りが漂っていて
とても良い気持になります。

 

バラと一言で言いましても品種によって香りが違ったりするんですよ。

 

有名なのは「ダマスク系」、もっともバラらしい香りはこちらです。

それ以外には甘い香りの「ティー系」や、爽やかな「フルーツ系」などがあります。

立川展示場にはこれら全ての香りが楽しめるバラのラインナップになっておりますので、
香りを楽しむのもいいかもしれませんよ。

 

 

私の一押しはフルーツ系の香りが強い「ジュード・ジ・オブスキュア」、
上の写真の左前のバラです。
柑橘系のフレッシュで爽やかな香りは、
ストレスで汚れた自分のハートを一気に奇麗にしてくれる気がします (笑)

 

皆様はどんな香りがお好みでしょうか?

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

美味しい赤ワイン

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

火・水曜日とお休みをいただきました。

そんなわけで、月曜日は休み前ということもあり、
ついつい一杯やりたくなってしまいます。

 

そこで、久しぶりにとっておきのワインを開けてみました。

ジュヴレ・シャンベルタン  プルミエ・クリュ  ラヴォー・サン・ジャック。
ドメーヌ・ドルーアン・ラローズの2012年ものです。

長い名前なのでちょっと解説しますと・・、
ブルゴーニュ地方のジュヴレ・シャンベルタン村にある
1級畑「ラヴォー・サン・ジャック」というところで収穫された葡萄のみで作った、
2012年もののワインで、
生産者さんがドルーアン・ラローズ、という意味でございます。

 

このワインを手に入れたのは2016年の12月でしたから、
我が家で1年半熟成しておりました。

良いワインなのでいつ飲もうか、かなり葛藤する毎日でしたが、
先日、とうとう我慢しきれず、開けてしまいました~。

 

 

ジュヴレ・シャンベルタン村はブルゴーニュ地方の中でも屈指の銘醸地で、
もっとも有名なのは特級畑「シャンベルタン」です。

シャンベルタンは、皇帝ナポレオンが好んだことでも有名で、
ロシア遠征のときにも持参したと言われています。

ピノ・ノワール種の赤ワインのみが生産されており、
ブルゴーニュワインの中でも力強く男性的なワインが出来ると言われています。

 

エノテカさんの資料をお借りしちゃいますと、
「シャンベルタン」は6番の区画で、
「ラヴォー・サン・ジャック」は12番の区画のようです。

「ラヴォー・サン・ジャック」はちょっと外れたところにあるんですね。

ちなみに①~⑨がグラン・クリュと言われる「特級畑」で、
⑩~⑮がそれに続くプルミエ・クリュと言われる「1級畑」です。

 

 

さて前置きが長くなりましたが、このワインのお味はと言いますと・・、

まず色は濃いガーネット色です。

香りはベリー系のフルーツよりも
ブーケのような花の香りの方が勝る感じ。

口に含むと、樽?それとも熟成による香り?
とにかくフレッシュな印象はなく、ロースト香にも似た深い香りが広がりました。
その後、酸が鼻に広がり、絶妙なハーモニーを奏でました。

確かに力強いですが、美味しいワインだと思いました。

 

本当に美味しかったのですが、
一方で、やっぱりもう2~3年寝かせておけば、
もっと美味しくなったかもな・・、と思うと、
若干罪悪感??もないことはない、複雑な想いです。

でも、良いワインをいただいたという何とも言えない満足感もございました。

 

こうなると、いつかグラン・クリュのワインが飲んでみたいですね~。
どんだけ美味しいんでしょうかね????

 

ま、仕事頑張って、しっかり儲けて、それからですね・・。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

花がら摘み

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

ゴールデンウィークが終わってしまいましたね・・。
皆様はどんなゴールデンウィークだったのでしょうか?

 

今年は暖かいこともあり、
5月初旬だというのに展示場ではバラが見ごろを迎えています。

 

レンガの洋館とバラ
~バレリーナ、ピエール・ドゥ・ロンサール、アイスバーグ、アンジェラ etc

空はどんよりしていますが、
レンガの洋館とバラのコンビは最強ですね!!

 

レンガの洋館とバラ ~アンジェラ

 

 

レンガの洋館とバラ ~プリンセス・ドゥ・モナコ、ルイ14世、マ・パーキンス、ラベンダーラッシー

 

色とりどりのバラが咲き乱れているので、
本当に奇麗です!!

 

 

でも一見奇麗に見えるバラも
手入れをしないと奇麗さは保てないんです。

レンガの洋館とバラ~ポール・ネイロン、イングリッシュ・ヘリテージ

バラは高貴な花なので、
しおれ始めた花はどんどん摘み取ってあげないとなりません。

 

しおれた花を花ガラと言い、
それを摘み取る作業が花がら摘みです。

花がら摘み

 

花がら摘みは見た目をよくするためだけでなく、
バラが栄養を種を作るためでなく次の花を咲かせるために使わせることになるため、
結果的に返り咲きが奇麗になりますよ。

また、花びらが散る前に摘み取ってしまうことで、
お庭掃除も楽になりますよね!!

 

今日はこの写真のバケツに2杯分の花がらを摘みました。

来週には3倍以上の花がらを摘むことになるでしょう。

それを考えるとちょっとブルーな気分にもなってしまいます。

 

バラ~ブルー・ムーン

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

産婦人科クリニックお引渡し

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

八王子市のみなみ野シティーで施工していた産婦人科クリニック
「みなみ野グリーンゲイブルズ」が完成し、
本日、お引渡しとなりました。

 

しかしこの堂々たる雄姿、とても木造建築とは思えない規模ですよね。

外構工事がまだ完全に終わってはいませんが、
連休明けに工事再開する予定です。

 

メインエントランスから入ると、高原にいるかのようなクロスが目に入ります。

床は天然石となっております。

 

受付から長~い廊下が伸びており、
奥の方は医療施設となっております。

 

さて、こちらは開業後ですとまず立ち入ることが出来なくなるオペ室です。

オペ室は2部屋完備されており、
同時の難しい出産などにも対応できるようになっております。

 

入り口の自動ドアの下にあるもの、なんだかわかりますか?

私も最初わからなかったのですが、
こちらはこうやって使います。

実は、足を差し入れると自動ドアが開くようになっているんですね。

確かに打ち合わせの時にそんな話があったなぁ・・。

 

オペ前は手を清潔に保つ必要があるため、
なるべく手を使わずに開けられるようになっているんですよ。

かといって、近づいただけで開いてしまうようだと、
オペ中に誰か前を通ったら開いてしまうので、まずいですよね!

 

それ以外にも初めて見る設備がたくさんあり、
なかなか大変な工事だったんだな~と、今さらながら感心してしまいました。

 

6月開業予定だそうです。八王子市付近でご出産のご予定がある方、
是非、ご利用してみてください!!

 

竹内でした。いつもありがとうございます。