夏ワイン!

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

毎日暑いですね~。
いつの間にか梅雨明けしました。

って言うか、梅雨あったの??って言いたいくらい
ずーっと暑いですよね!!

 

夏バテ寸前の私の楽しみは、美味しい食事と夏ワインです。

キンキンに冷やした白ワイン!

 

フランスはロワール地方のソーヴィニヨン・ブランです。
成城石井で1600円くらいでした。

 

ソーヴィニヨン・ブランらしい爽やかな酸がこの季節は心地いいです。
香りは青リンゴ、柑橘系の香りはそれほどしませんね・・。

辛口ですが、ワインとしては軽い味わいでしたので、
どんな食事にも合わせやすいと思います。

リピートしたい1本ですね!

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

高原のスローライフ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

先日、泉君と一緒に6年前に建築して頂いたT様の別荘に伺ってきました。

場所は信州の蓼科高原です。

 

 

レンガ積み外壁の素敵な別荘ですね。

 

大学にお勤めの頃は週末のみのご利用だったそうですが、
退職された今は週の半分はこちらにいらっしゃるんだそうです。

 

 

TVを敢えて持ってこられなかったそうで、
近所で採れる山菜や木の実などを料理したり、
リースや小物を作ったりという、
憧れのスローライフを実現されていらっしゃいます。

 

 

この別荘は標高約1650mの高原に建築しました。
麓はうだるような30℃を超える暑さだったのに、
こちらはなんと、22℃でした。

半袖シャツで伺ってしまった私は少々涼しすぎるくらいでしたよ。

 

メンテナンスのご相談に伺ったのですが、
あまりの素敵さに羨ましく思う気持ちの方が強く残ってしまいました。

 

窓から見える景色もさることながら、
リビングのこの大窓のカーテンがカフェカーテンのみですよ!!

 

覗かれる心配がほとんどない解放感は、
何にも代えがたいですよね。

 

お食事までごちそうになってしまっただけでなく、
奥様手作りのジャムをお土産にいただいてしまいました。

 

 

苺ジャムでしたが、さっそくいただいてみましたら、
甘さ控えめで苺本来の甘酸っぱさが残っており、
ほのかにハーブ(ミント?)の香りがして、とても美味しかったです。

 

自分もいつかはこうなりたいと思える
とても素敵なお住まいでした。

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

今日も元気に!

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日も暑くなりそうです。と言いますか、すでにかなり暑いです!

セミが鳴きはじめましたね。

梅雨明けしていないですが、
こう暑いとセミも早く出てきてしまったんでしょうね。

 

今日も暑さに負けずに頑張りましょう!!

竹内でした。いつも有難うございます。

 

シャトー巡り

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨日は横浜展示場の坪松所長の結婚式でした。(おめでとう!!)

今日から新婚旅行だそうです。

 

いいなぁ~、

ってことで、自分も海外旅行気分に浸りたくなったので、
フランスのシャトー巡りをしたいと思います。

 

ワインの名産地ボルドー。
ボルドーではワインの醸造所のことを「シャトー」と呼んでいます。

シャトー・・・・という名前のワイン、多いですよね。

 

トップバッターはシャトー・マルゴー。

第1級格付けの5大シャトーの中でも最も女性的なワインだと言われています。
女性的ってどんなお味なんでしょうか??

ラベルに描かれているシャトーがこちら。

シンメトリーなデザインの見事な建物です。
フランスらしいエレガントなデザインですが、
玄関周りはゴシック建築のニュアンスもありますね。

 

 

続いては同じく5大シャトーの中からシャトー・オーブリオンです。

世界で最もエレガントで複雑と言われるワインだそうですが、
いただいてみたいですね~。
このワインはボトルの形が独特で、
ボルドーにしてはなで肩です。

ああ、好きですね~この雰囲気。
いくつもの塔屋が「シャトー」という名に負けない威厳をもたせていますが、
それでも優しい印象を受けるのはなぜでしょう?
格好いい建物ですね。

 

 

次は同じく5大シャトーから、シャトー・ラフィット・ロートシルトです。

気品がとても高いらしいですよ、このワイン・・。

このシャトーは高台に建っているんですね。ふもとは葡萄畑なんでしょうね。
こちらも大きな塔屋をもった建物ですが、
窓についている木製の(?)ルーバーシャッターがカジュアル感を出していて、
あまり荘厳さを感じませんね。

 

 

次は第2級格付けシャトーから、シャトー・コス・デストゥルネルです。

2級格付けとは言え、そのワインの品質は1級に匹敵することから
スーパーセカンドと呼ばれているシャトーの一つです。
ちなみにこちらのシャトーのセカンドラベルなら、わたし持っていますよ!

3つの塔屋が特徴的な建物ですね。
しかもアジアのテイストがあります。庇の形とアーチの作り方がインドっぽい。
いつごろ建った建物なんでしょうか。
フランスの田舎にしては珍しいデザインではないでしょうか。

 

 

次もスーパーセカンドの中から、シャトー・デュクリュ・ボーカイユです。

黄色いラベルが印象的ですね。
こちらのシャトーのセカンドラベルはいただいたことがありますが、
メルロー主体でとても美味しかったのを覚えています。

このシャトーはラベルの絵よりも実物の方が豪華に見えますね。
この建物のほぼ真横に近いアングルの絵だったんですね。
シンメトリーなデザインでこれだけ幅が大きいと、宮殿のようです。

 

 

次は、第3級格付けのシャトー・カロン・セギュールです。

ハートが描かれたラベルで有名です。
でもこのラベルにもしっかりとシャトーが描かれています。

今までのどのシャトーとも違って、飾り気のない雰囲気がこれはこれで良いですね。
屋根の形が面白いです。
学校か修道院か、そんな雰囲気の佇まいに感じます。
実際にこの場所に行ったとしたら、とても和みそうな気がします。

 

 

最後に再び5大シャトーから、シャトー・ラトゥールです。

女性的と言われるシャトー・マルゴーとは対照的に、
もっとも男性的と言われるワインです。ボディーが強いんでしょうね。

ラベルに描かれている建物とは違ったデザインですが、
シャトー・ラトゥールというとこの建物が有名です。
何の建物なんでしょうかね?
どう見ても大きくなさそうな建物ですが、
石造りで装飾もしっかりしてあって、
さすがな感じがします。

 

 

いつかは実際に訪れてみたいですね。
ワインも飲んでみたいですが、
建物の細かな部分やインテリアを見て廻りたいです。

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

暑い・・・

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

暑いですね~。

 

こんなに暑いのに立川展示場のバラは綺麗に咲き誇っていますよ!

 

そんな中、朝一番でこんなお客さんがいらっしゃいました。

 

なんていう蝶ですかね??
綺麗さをアピールするかのように羽を広げていました。

 

今日も暑くなりそうです!
皆様、無理せず、涼しい天草ハウジングのモデルハウスにお越しください。

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

地鎮祭準備

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今月下旬に予定されている地鎮祭があるのですが、
お施主様から現場が雑草だらけでどうしようかとご相談をいただきました。

通常ですと、草刈りをして頂くか、
手数料をいただいてこちらで草刈りをするかのどちらかの対応になるのですが、
どんなものかと、まず現場の状況確認に行きました。

 

おお、確かに・・・と思いきや、

あれ、綺麗になっているじゃないですか!!

 

最初の写真は隣の空き地で、
建築予定地は綺麗に除草されていました。

 

お施主様にそうお伝えしましたら、
あれ、間違えたのかしら??とおっしゃっていましたが、
ちゃんと手配してくださっていたんですね。

 

これで地鎮祭が問題なく行えます。

 

暑い中での地鎮祭なので、テントや椅子を用意しないとな、と思います。

 

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

意外な組み合わせ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

先日、家族と買い物に行った先で見つけたナツメヤシの実「デーツ」。

 

以前に、チョコレートの中に入っていたものを一度食べたことがあり、
かなり美味しかったと記憶していたので、
思わず購入してしまいました。

 

見た目は小さな干し柿。
食感は固めの干し柿(笑)。自然な甘さのドライフルーツです。

 

デーツはかなり栄養価が高いらしいですね。
様々なビタミンやミネラルがたくさん入っているようです。

しかも脂肪分はほとんどない為、健康にも良いらしい!

 

これは良い買い物をしたぜ!って思っていましたが、
思いがけず良い組み合わせで感動したのが・・

 

ワインとの相性がものすごく良かったです。

 

今回はソーヴィニヨン・ブランの白ワインと
ボルドーのフルボディーの赤ワインのツマミとして食べてみましたが、
どちらの場合もデーツ自体がより甘く感じることと、
ワインに果実味が増した感じで、
お互いが見事に引き立たせ合っているという感じでした。

一緒に食べたチーズがかすんで見えるくらいの相性の良さでした!

これは癖になりそうです。おススメです!!!

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

 

新規物件

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

新しい新築のご相談があり、
さっそく郊外の建築予定現場を見に行ってきました。

 

 

階段で上がっていく敷地ですね。敷地内には栗の木が植えられていました。

 

日当たりが良さそうな場所だなぁ~・・・え?

 

赤レンガの家・・・、しかも本物のレンガ、輸入住宅のデザイン!!

 

おお、当社のお施主様であるS様の家の裏の土地に来ていたんですね!!

まったくの偶然ですが、
長いことこの仕事をしていると数年に一度、こういうことがあったりします。

 

今回もご縁が出来ますよう、誠心誠意頑張りたいと思います。

 

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

立川展示場の今日のバラ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日も暑いです!!水分とミネラル補給を心掛けましょう!!

 

 

立川展示場のバラは夏咲きの時期になってきています。

サー・クローとマ・パーキンス

アイスバーグ

ジュード・ジ・オブスキュア

香りが素晴らしいジュード・ジ・オブスキュアが咲いてきました。
夏にぴったりの柑橘系の爽やかな香りがする品種なので、
とても楽しみです!

 

ツルバラ達も夏咲きが始まりました。

大人気のピエール・ドゥ・ロンサール

ゴールデン・セレブレーション

アンクル・ウォルター

 

 

ガートルード・ジェキルとブリリアントピンク・アイスバーグ

ベイサル・シュートをグングン伸ばしている新入りツルバラのガートルード・ジェキルは、
シュートの高さが最も大きいもので1.2mまで伸びてきました。

シュートが6本出ているので、今はシュートの成長に全エネルギーを注ぐ為に
ツボミはつけたとしても、咲かせずに摘んでしまおうと思っています。

咲いているピンクの花は全てブリリアントピンク・アイスバーグです。

 

ガートルード・ジェキルは来春までお待ちください!

 

そんなお庭がにぎやかな立川展示場に、どうぞ遊びにいらしてください。

お待ちしております。

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

ダマスク柄の壁クロス

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨日、インテリアのお打合せをしていた時、
お施主様からお部屋の壁クロスについて
ワンポイントで柄物を使用したいとご要望がありました。

モダンな雰囲気や、ちょっとお洒落な感じにするのに使われる手法ですが、
使いたい柄としてお選びになったのがダマスク柄系のクロスでした。

 

 

ダマスク柄といえば、エレガント系の代名詞のような柄ですよね。
大柄で規則的に並ぶこの柄は、
輸入住宅のインテリアにピッタリです。

 

ダマスク柄のクロスの多くは、柄自体は大きいものの、
使用している色はせいぜい2色までの為、
ワンポイントでお使ってもあまり映えず、
全面に貼った方が絶対に素敵になりますよ!!とおススメしました。

 

結局ワンポイントではなく、全面に貼ることとなり、
さらに他のお部屋もダマスク系の柄のクロスを貼ることにもなりそうです。

 

素敵なおうちになりそうで、完成が楽しみです!!

 

竹内でした。いつも有難うございます。