夏休み3

業務の小山です。

キャンプの3日目は、
収穫体験と、サントリーの工場見学に。

夏野菜のもぎ取りが出来るコースで、
きゅうり、ミニトマト、なす、とうもろこし、ジャガイモ堀をさせてもらいました!
きゅうりが大好きな子供たち。もぎ取りのすぐ後に、公園の水道で洗っておやつに一本。
甘くてみずみずしくて最高でした!

キャンプ場に持ち帰って料理もしました。
この日はトウモロコシカレーと味噌きゅうりとトマトです。
夏のキャンプ飯としては最高ですね!


午後はサントリーの工場見学へ。
大人はウィスキー工場見学をしたいところですが、子供のために天然水の出来るまで
を見学するコースに。
息子は最前列で真面目に学習していました。
内容は少しまだ難しいかな?という感じでしたが、キャンプに来ているからこそ、
自然って大切なんだな、と少し実感があった様子。

ですが私たち大人の目的はやっぱりこっちです。
白州蒸留所でしか販売していないというシングルモルト。
ころんとした瓶も可愛らしいですね。


ウィスキーの味が分かるわけではないのですが、
子供たちを早々に寝かしつけ、
焚火とともに飲むと格別です。このために来たようなものです。

夏休み2

2日目は川遊びへ。

キャンプ場から歩いて5分くらいのところにあある川で、
子供たちはテントで水着に着替えて続々と出かけていきます。

川幅が広く、浅瀬がずっと続いているのでこども達も安心して遊ばせられました。
ちょっと泳げるようなところもあるのですが、
息子は水が冷たすぎる、とか何とか言って泳ごうとしません。
こういうところはすごく慎重派です。


台風で一日日程をずらしたのですが、この日は台風一過の晴天。
暑い!!
でも東京に比べて湿度は低く、気持ちのいい天気でした。

飛び込む少年たちをビビりながら見つめる息子。
息子が飛び込むようになるのは後何年後になるのでしょうか・・・

夏休み

業務の小山です。

先日、少し早い夏休みを頂いて、キャンプに出掛けました。
今回は近場で・・という事で白州に行きました。

 

子供たちも設営をお手伝い。

なんと、イスとテーブルを忘れてきました!
テーブルはキャンプ場で借りたのですが、
椅子はツールボックスで我慢です。
椅子があるとないとでは快適性が違いますね・・・

いつも何かしら抜けてるのが我が家です。
これはこれで楽しむことにします。

息子はすぐに隣のサイトの子と仲良くなって遊んでいました。
息子のこの性格は、ずっとなくさないでいてほしいな、と思います。

運動会

業務の小山です。

週末、子供の運動会がありました。
たくさんの人が写っているので、写真を載せづらいというのもあるのですが
保育園と違って広い校庭で大勢が出る運動会。
我が家の持っているデジタル一眼ではとても太刀打ちできず、ロクな写真が取れませんでした。望遠レンズの必要性を教えられたイベントでした。

皆さん脚立や、「プロの方ですか?」というくらい長ーいレンズのついた
カメラを持ってきていました。すごいです。。

息子は大玉転がしやダンス、玉いれ、応援合戦などとってもまじめにこなしていました。早くも応援団にあこがれを持ったようで、
大きくなったらやりたい!と言っていて、ほほえましかったのですが、、、

ダンスの出番の集合時間になって水が飲みたいと言い出し、
焦る先生をしりめに椅子に腰かけながらゆっくりとお茶を飲んで、誘導の先生を困らせていました。。

マイペースなのは誰に似たんでしょうか??
応援に来ていた両親に言わせると、私にそっくり、だそうです

神津島旅行 最終日

業務の小山です。

この日は朝から、船が全便欠航になることが決まりました。
飛行機も、朝の便から順番に欠航していきます。

私たちの乗る予定の飛行機は最終便、直前まで決まらないそうなので、
ひとまず予定の時間に行けるようにだけ準備をして、
町の中を散歩しました。

町中の商店などにスタンプがおいてあり、それを集めるというスタンプラリーの企画が行われていて、
息子が地図を見ながら、それに任せて歩くという散歩です
地図を見るのはほぼ初めてだったんですが、かなり遠回りしたりしたものの
なんとか数か所、たどり着きました!

地図を読んだり、自転車に乗ったり、できることが増えるたびに、楽しみ方も変わってきますね。
息子も、
次に来るときには泳げるようになって、飛び込み台から飛び込んでみたい!
次は自転車を自分でこぎたい!
次は山の上まで登りたい!
と、また神津島に来ることを楽しみにいているようです。

問題の飛行機は、ひとまず調布飛行場を出発して島に向かっているものの、途中で引き返すこともある、という情報を最後に
ひとまず空港に向かうことに。
最後まで心配でしたが、向かっているうちにどんどん空が晴れてきました!
調布からの飛行機も無事到着し、折り返し、島から脱出に成功しました。
結局、この日神津島から出られたのは、私たちの乗ったこの18人乗りの飛行機のみでした。

実は私たち、一昨年は神津島、去年はおとなりの新島と
ここ3年間毎年伊豆諸島に来ているのですが
毎回、帰りの日だけこの「島から出られないかも」の天気に見舞われます。
でも、毎年なんとか帰れています。
これは運がいいんでしょうか?悪いんでしょうか?
私はいいと思うことにしています。
天気の神様、来年もよろしくお願いします!

神津島旅行 4日目

業務の小山です。

一体何日行ったんだと言われそうです。4泊5日です。この翌日帰ります。
連休中、連絡が取れなかった皆様方、申し訳ありません。

この日は山登りに行きました。
と言っても、ここは散歩道らしいです。
山道を1時間くらい歩きました。

登っていくと、港が見えます。
何かの調査船が来ていて、潜水士の方が潜っているのが見えました。
何を調査していたんでしょうか??

登っていくとたどり着いた場所。登山口です。
本当はここから登山したいところでしたが
ここからさらに1時間ほど登り、山頂の周遊道路のような場所を歩くとさらに2時間ほどかかります。
下の娘にはまだまだ厳しいので、ここでお昼を食べて帰ることにしました。

再来年くらいには上まで登れるかな??
そのころには親が先にねを上げないように、体を動かさないと、と思うばかりです

途中に冷風穴がありました。中の温度は10度以下。
ランニングで入っていった息子が「さむい」と言って出てきました。

山道を歩いていると、キャンプ場から連絡が。
明日の天気が悪く、飛行機が飛ばないかもしれないとのこと。
振り変え便があるわけではないので、飛ばないと飛行機や船の空きが出るまで待たなくてはいけません。
どうする??と言いつつも、飛ばないことが確定するまでは動きようもなく
明日の結論を待つことに。
息子はじゃあもっといられるね!とどこまでも前向きです。

神津島旅行 3日目

業務の小山です。

神津島旅行3日目は、レンタサイクルで島内をめぐりました。

息子は自分で自転車を漕ぎたいと言っていたのですが、
残念ながら用意のあった自転車は足が届かず、、お父さんの後ろで納得してもらいました。

島内には温泉があり、外風呂は水着着用で混浴です。
塩分がだいぶ濃いので、虫さされの後にしみたらしく
子供たちは早々に上がってしまいましたが、海風が気持ちよく、
温度もぬるめで大人にはとても気持ちよかったです!

キャンプ場で貸してもらった「神津島花図鑑」で島の植物を観察しながら
山道を自転車を押しながら登ったり下りたり・・
子供は冒険気分を味わったようです。

運動不足の私たち夫婦にはなかなかハードな工程でしたが、
気分は爽快でした。
テントに帰ってのビールは格別でした!

帰ってからお昼寝を挟んで、
焚火で料理です。息子も火おこしを頑張りました!
自分で作った焼きそばをたくさん食べました。

神津島旅行 2日目

業務の小山です。

神津島旅行、2日目はバスに乗って島の端、赤崎遊歩道に行きました。
島一番の観光スポット?で、橋を挟んで飛び込み台がついています。
海に飛び込んだり、シュノーケリングをしたり、
長い遊歩道で海の景色を楽しんだりできる場所になっています

ただこの遊歩道、去年の台風で高波で壊れてしまったようで
多くの場所が立ち入り禁止になっていました。
夏までに修理をするんでしょうか・・・
島の子供たちもきっと好きな場所なんだろうな、と思うと
何とか直して守ってもらいたいですね

輸入住宅 東京

大学生と思われるグループはそれでも飛び込みを愉しんでいましたが
私たち家族はのんびり磯遊びをしました
ウミウシや大量のヤドカリを発見、橋の上からはウツボも見えました

こちらは島のメインストリートに戻ってきたところです。
メインストリートと言っても小さな商店やお土産物屋さん、
サーフショップのようなものがちらほらあるだけでとても静かです

キャンプ場に戻り、近くの浜で水遊び。
水は冷たいですが子供らはお構いなしに水着で遊んでいました

台風で

神津島旅行 1日目

業務の小山です

GW中、お休みをいただいて神津島に家族旅行に行ってきました。
伊豆7島のひとつなのですが、調布飛行場から40分くらいで青い海と自然を満喫できます。
我が家からは調布飛行場がすぐ近くなので、沖縄に行くことを考えると近いし安いし、空いてるしいいことづくめで、毎年の恒例行事になりつつあります。

リゾート地ではないので、ビーチの設備やホテルや、ショッピングなどは基本ありません
ので「なんにもない」を愉しみたい方におすすめです!

 

一日目はキャンプ場につく前に海で少し遊びました。
東京とは思えないほど水がきれいで、
磯にはカニやヤドカリなど、生き物もたくさんいました!
水はまだ冷たいのですが子供たちは大喜びでびしょ濡れになって遊んでいました。

堤防からは小さな魚が群れで泳いでいるのが見えました。
子供が大きくなったら、のんびり釣りをするのもよさそうです

キャンプ場は常設テントを借りました。食器なども貸し出してくれるので、
飛行機で少ない荷物で行っても安心でした。
冷蔵庫やお風呂にも入れる至れり尽くせりの設備です

お風呂の小話

業務の小山です。

夜、お風呂での子供たちの会話。

大きくなったらご飯つくってあげるね!
最初はお味噌汁。えのきとワカメとー、とうふと、トッピングはえのきと、やぎのお肉ね!
ん??やぎ??ありがとう!いただきまーす。

つぎはオムライス。卵たくさん入れるね。
あとえのきと、ウィンナーね。
ありがとう!いただきまーす!

次はラーメンです!
えのきと、イチゴと、ベーコン!
イチゴ!?いただきまーす!

最後はカレーです!
ニンジンと、イチゴと、トッピングは唐辛子と、卵!
えのき入んないんかい!!!

という我が家の日常です。
今日も平和です。