ステンドグラス

ICの高橋です。

 

先月、お引渡ししたN邸のお家の中には、ステンドグラスを室内に取り入れているんです。

こちらの絵柄はオーダーメイドで発注をお願いしています。

折角のマイホームですし、こういう装飾も家族の思い入れのあるものにしたいですね☺

 

玄関を開けて階段ホールにはサーキュラー階段が構えています。

階段に沿って目線を上げると素敵なシャンデリアが見えますね。その奥に、こちらのステンドグラスが見えますでしょうか。

二階に上がったところから見るとこのような感じです。結構大きいです。

 

 

撮影したときは日中でしたので、向こう側の部屋の方が暗い為、あまり玄関からは見えませんでしたが、

ガラスが設置してあるお部屋ではこのようにかなり綺麗に見ることが出来ます。

 

ちなみにその対面側には大きな洗面化粧鏡があるので、背を向けていても見ることができますよ。

きっと、夜になるとステンドグラス側のお部屋に明かりが灯り、思い描いていた玄関ホールの景色になっていると思います!

 

ちなみに設置場所は洗面所です。

 

こちらの建物では専用の木の枠組みを使用していますが、枠無しでも施工可能です。

もちろん木の色も選ぶことが出来ますよ。

室内ドアやガラスのみならず、外構の塀などにガラスを入れることもいろいろ取り込めます!

 

以上、ステントグラスのご紹介でした。

京都旅行8

ICの高橋です。

前回の続きです!

 

渡り廊下を歩く途中でひんやりするところがあったのですが、驚いたことに小川?が流れていました。

その横のしっとりしたところに紅葉がはらはらと落ちていたのを見ていました。雑な感想ですみませんが、風情あるなあ・・と。

お庭の手入れがとにかく行き届きすぎて、どこを見ても美しかったです。

人工的な造形より自然におもきを置く日本式庭園だからかもしれませんが・・。

 

お庭を歩いていくと、渡り廊下や平安時代に始まったとされる蔀戸がありました。

渡り廊下の道を背景にやると連続性が綺麗!

 

夢中になっていたため、お庭に降りる時間が短くなってしまいました(笑)

人が切れるのを待っていたのも理由の一つなのですが、メインのお庭の方向の他にも魅力があって、庭を全て見ることが出来ませんでした^^;

今度行くときはお庭をぐるっと回りたいですね。

 

そして少し出口の方に歩いていくと、なにやらかわいい青いお花を見つけました!

太陽の木漏れ日が良い感じです。

 

このお花の名前がわからず・・・・スイセンが近くにあったのでそれの仲間なのかな?と予想だけしました。(正解はわかりません・・・)

 

そろそろ移動しないといけない時間になったので出口を目指し、そして竹林へ向かいました。

 

 

朱い景色からあおい景色へ。

続きます。

 

京都旅行7

ICの高橋です。

去年書いていた京都旅行の最終日、まだ書いていませんでした!

紅葉の季節は数か月前になってしまいました(笑)

 

が、やはり最後まで書きたいので書いていきたいと思います。

 

前回はこちらです。

 

3日目は嵐山方面へ向かいました。

泊めてもらった友人に別れを告げて嵯峨嵐山駅へ。

大覚寺を目指して歩いていくと、大勢の人がいました。まだ早朝なのに・・・

途中の建築物も立派で、特にこれが好きです(名前失念しました)

両サイドにある建物を見ながら歩いていくと、大きな木がありました!

友人(165㎝くらいの子)が横立ってこのスケール。立派な松の木でした。全部入りきりませんでした;;

 

ここはお庭がとても綺麗だと有名なところですが、数百円払うだけで建物の中も探索できます。

始めは時間の関係もあって迷いましたが、結果入ってよかったです。

何故かというと、縁側がとても気持ち良くてですね・・・。

実際は日の光を浴びて綺麗なお庭を眺めながら、前を通る人の列が切れるのをちょっと待ってました。

海外からの観光客が多く、人種も様々でした。

 

室内に大きい鐘?があったのですが、とても良き被写体でした。

和の中に少し洋が混ざった照明も素敵でした。

ここは中に入って室内からお庭を見るのが最高だと思います!

歩きながら外を歩くだけではもったいないです。

人が住まううえで庭を見るために設けられた縁側に座るべきだなあと思いました。

(写真を撮るにも少し上から撮れるので人を避けて撮影したいときはいいポジショニング確保できるかも。)

 

ちょっと長くなったので次に続きます!

 

 

上棟打ち合わせ

こんにちは。立川展示場の霜島です。

先日、あきる野市で建設中のS様邸の上棟打ち合わせを行いました。
輸入住宅 東京 サイディング

この時期は寒いので心配でしたが、
天気にも恵まれ、ぽかぽかと温かい中、打ち合わせが出来て、ほっとしています。

打ち合わせでは、コンセントや照明等の位置を現場で確認していただき、
配線の最終確認をしていただきました。

現場での打ち合わせですので、いよいよお家が完成に近づいていくんだなと
より実感がわいてきますね。

さて、この打ち合わせが終わると、外壁を貼り、中も壁で塞いだりと
工事が進んでいきます。

こちらの物件の外壁は、ペールトーンの淡いブルーのサイディングです。

あともう少し。楽しみです。

 

 

 

私の好きな空港

ICの高橋です。

 

久しぶりのブログになってしまいました。

 

突然ですが今日は訪れたことのある私的に好きな空港を紹介したいと思います。

 

●スペインの「バルセロナ=エル・プラット空港」

 

スペインって情熱の国っていう固定観念で居たのですが、初めて降り立ってみたら

すごく洗練された空港内でびっくりしました!

空の青と海の蒼の色が混ざったような・・・アクアブルーというべきなのですかね、

泉のような色の壁の色がアーチ状の天井に映る間接的な表現が好きです。そして空のようで開放的。

その理由の一つに、通路の広さがあったからなのかもしれないです。幅がかなり、広いんです。

中にショッピングモールか?と思うようなお店の数々・・それも店舗の間隔にかなり余裕があってとても商品も見やすかったですし、内装のデザインも良きでした。

 

●デンマークにある「コペンハーゲン カストラップ空港」

 

ここは何といっても天井の照明の連続が、大好きな空間です。

北欧といえば照明デザインが有名ですね。

素敵なデザインの照明は覚えているのでそれを見つけると、ここにこのデザインの照明をいれるんだ・・・・と勉強になります(空港は施設利用用途が違うので住宅に取り入れるにはいい例とは言えませんが)

ちょっと遠いですが床のサインも良いですね。

 

 

ここの空港の注目すべき点は、荷物運び用のカートがデザインされたものなのです。

他さまからのブログから拝借させていただきました。

 

ちょっと今デザイナーの名前が思い出せないのが残念なのですが、私の研究室の教授がオススメされていたものなので行かれた際はぜひ見てみてください。(教授は北欧デザインマニアなので)

あと、行かれた際には搭乗ゲートまでの道のりがかなり遠いので早めに向かわれることをお勧めします(空港ダッシュした身として)

今回はこれまで!ヨーロッパは国の何回か数またいだ記憶なのですが、意外と少ないな?と思いました。がそういえば陸移動で行っていたのでなるほどと思いました(笑)

こんどは好きな駅舎の紹介をできたらなと思います!

 

 

赤毛のアンの家

こんにちは。立川展示場の霜島です。
今日は暖かいですね。
春がゆっくり近づいてきているのでしょうか?

さて、度々社長や竹内所長のブログに記事がある、
八王子市内で施工中の産婦人科クリニック
『みなみ野グリーンゲイブルズクリニック』。過去のブログはこちら → 1 2

グリーンゲイブルズという名前の通り、
「赤毛のアン」の家に由来しているそうです。

赤毛のアン グリーンゲイブルズ

 

みなみ野グリーンゲイブルズは、
白い外壁に緑の屋根で、外観もまさにアンの家ですが、
内装も、ということで、ただいま提案のクロスを選定中です。

赤毛のアン アンの部屋

アンのお部屋は、花柄クロスが使われた可愛らしいお部屋なので、
小さい花柄クロスや、トリムを縦張りしても、
雰囲気でるかな・・・と想像しつつ、選んでいます。
赤毛のアンを詳しくないので、イメージ合っているかなと少し不安です (笑)

 

実写の映画があったので、この機会に観てみます!

 

バラの肥料やり

こんにちは。立川展示場の霜島です。

今日は、バラの肥料やりをやりました!
この作業は、暖かくなる前にやる、バラの冬のお手入れ最後の作業だそうです。

朝晩はまだ寒く、雪もまだ残っていますが、
昼間や日向はぽかぽかと暖かくなり始めてしまっているので、
早めにやらなくては、ですね!

 

バラの近くに、いくつも穴を掘り、
なんだか、モグラのあとみたいです(笑)

 

掘った穴に、
肥料【牛ふん3:バラの肥料1:油かす1】を入れて、

 

埋めて、終了です。

冬のバラのお手入れは多く、そして寒いので、より大変ですが、
お世話するごとに、春が、バラが咲くのが、ますます待ち遠しくなりますね。

 

 

バラのお手入れの仕方は、オーナーズブログ(こちら→バラ部🌹)に
投稿されているので、良かったら見て下さいね。

それでは。

 

 

勉強会の前に

ICの高橋です。

他の社員もブログで更新している通り、先日タカラスタンダード新宿SRにて勉強会を行いました。

 

立川展示場の社員たちは一足早く到着してしまいました。

外で待っていると寒いとの事だったので、近くで時間をつぶすことができないかとキョロキョロしていたところ、こちらのカフェを見つけました。

「COFFEE MAFIA」です。

ロゴのひげのマークがかわいいです。

鉄骨の階段を登った二階にあります店内は、裸電球がぶら下がっていたり、照明もおしゃれでした。

注文を受け付けるカウンターも行って是非見てきていただきたい場所です。

 

ここで私はブラックコーヒー(しっかりめに濃い味の物)を頼みました。

小さいカップでなんと200円!

350円かな~と思っていたので、安さにびっくりしました。

この200円シリーズには2種類ありまして、

あっさり  と  しっかり がありました(日本語間違っていたらすみません)

 

他にも350円くらいでいろんな味のコーヒーや、苦いのが苦手な方向けの甘いカフェラテなどありました。

私的に気になったメニューがこちらの「コーヒー専門店のコーヒーゼリー」です。

コーヒー専門店のコーヒーゼリーは美味しいに決まっていると決めつけているので、300円で楽しめるなら・・・挑戦すべきでしょう!と思いました。

 

 

が、その日は勉強会のスケジュールがあったので断念。

 

もし次機会があれば、食べてみたいです。

 

この店舗の近くにあるレストランで飲食をするとコーヒー無料になる提携サービスもあるとか。

 

新宿タカラスタンダードSR横の二階、こちらのラッピングが目印です。

 

 

加湿器に・・・

こんにちは。立川展示場の霜島です。

冬の乾燥の時期、
みなさんの家でも加湿器、置かれていますか?

加湿器を使う際に、お勧めなのがアロマウォーター。
毎回の水入れのときに、アロマウォーターを少量いれるだけで
家の中にふわっと、いい香りが広がるんです!

ちなみに立川展示場では、今はこちらを使っています。

米国シアトル生まれのフレグランスブランド「MODERN NOTES(モダンノーツ)社」の加湿器専用のアロマウォーターです。

香りは、「イタリアン レッドワイン」。
名前の通り、ワインのような、甘いぶどうのいい香りがします。

そして、このアロマウォーターは、いい香りだけでなく、
植物由来成分の抗菌剤が使用も入っているんです!
すごいです。優れものです。

他にも、柑橘系の香りや、ラベンダーの香りなど、
いろいろな種類があるので、
気になった方は検索してみてくださいね。

ふわっといい香りが部屋に広がっていると、気分がぐぐっと上がってきますね♪

 

 

迎賓館赤坂離宮に行ってきました

こんにちは。立川展示場の霜島です。

雪が降った日から何日か経ちましたが、まだ道や屋根に、雪が残っていますね。

今日の立川展示場 天草ハウジング

凍っているところはつるつるしていて、油断すると滑ってしまいますね。
今朝こけそうになりました・・・

 

さて先日、四谷にある「迎賓館赤坂離宮」に行ってきました。

ここは、外国の元首や首相など国の賓客の方をおもてなしする建物で、
日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築なんだそうです。
建物も、庭園も豪華でとても素敵でした。

「正面玄関」は、
白と黒の市松模様の床に、ホワイトの内装。
天井コーニスやメダリオン、その他内部装飾にも、つい目がいってしまいます。

公式HPから

続いて「花鳥の間」と呼ばれる、主に晩餐会が行われる部屋。
天井絵と木製の壁、そして大きなシャンデリアがありました。
また、床は寄木細工のフローリングになっていて、おしゃれでした。

公式HPから

他にも、壁にたくさんの鏡が貼ってある部屋や大理石の円柱がある部屋、などなど
豪華ですてきでした・・・

 

公式Twitterから

ちなみに、雪が降った日は、このような感じだったようです。
いまもまだ少し残っているのでしょうかね。

皆さんも良かったら、ぜひ。