薪ストーブ

2019/01/20

12月の下旬から薪ストーブに火を入れ始めました。我が家は全館空調なので薪ストーブは必ず必要な訳ではありませんが、ハッキリ言って良いです。

薪ストーブは一度は一度設置してしまってから買い替えたり修理することは非常に
困難です。薪ストーブは自然環境に優しく、心にも寛ぎを与えてくれる素晴らしい
暖房器具です。

しかし使い方次第で、危険な事故を起こす場合もあります。スイッチひとつで動く
便利な暖房器具ではありません。プラス面 マイナス面をしっかり認識して購入した方が良いと思います。できれば新築時に設置するのが望ましいいです。

薪ストーブは色々有りますので、経験のある建築会社と相談しながら決めた方が良いと思います。住宅地のなかでの家は煙が心配ですが、現在の薪ストーブは三次燃焼タイプが多いので、煙は煙突からあまり出ませんが、匂いはします。

煙突の値段はストーブ本体より高くなる場合もあります。設置工事費もかかります。そして、肝心の薪はインターネットで注文して買うことが出来ますが、薪を買って
薪割りを楽しむ事も良いと思います。

ただし、家の傍に薪置き場が必要です。薪ストーブにも寿命があります。20~30年は問題ないと思います。ただし、4,5時間以上は燃やさない方がいいでしょう。

私の家は横浜展示場のストーブと同じですが、今度はアメリカ製のVERMONT CASTINNGSの赤が欲しいです。別荘に普通の赤色の薪ストーブと白色のキッチンストーブを設置した方がいます。

薪ストーブのクックウェアやアクセサリーや薪割用の斧をコレクトするのも楽しいと思います。

熊本駅の駅弁

2019/01/05

天草家からレンタカーで熊本駅で九州新幹線を 博多で乗り継いで新横浜まで新幹線
で帰省しますが、窓の移り変わりも楽しみの一つですが、

一番の楽しみは駅弁です。熊本駅のみやげもの売り場に今年は弁当のヒライを見つけ
3種類の弁当を買いました。本当は天草特産品の入った弁当を食べたかったのですが、

残念ながら、「おべんとうのヒライ」にしました。熊本には、ローカルなお弁当チェーン店があります。多くの熊本県民は他府県に行った時に「え?ヒライがないの??」

と驚くくらい熊本には定着しているのです。このお弁当チェーン店は全国規模の会社だと思い込んでる熊本県民も結構多いくらいです。天草にもたくさんあります。

私達 家族が買ったのは「みやこ折り」と「肥後どこさ」です。多彩なおかず、が詰め込んでありとても美味しかったです。

ヒライのお弁当は何度か 天草で買ったことがあり、美味しかったので熊本駅の駅弁もかいました。

正月の帰省客で新幹線の中は通路までお客さんで一杯で、駅弁を食べられたのは博多で乗り換えて30分位してからでした。駅弁を楽しみながらの新幹線の旅も 空弁を食べながらの飛行機の旅と違って楽しいものです。!!!

横須賀の家 Ⅱ

2018/12/26

レンガ職人さんとの打合せに 横須賀の家に行きました。やはり立ち上がると大きいです。時々来ているのですが!外壁のレンガの色もとてもいい感じです。

進み具合も予定通りにきています。レンガ職人さん達が頑張っています、もう少し夕方は残業して貰いたいのですが日が落ちるのが早く そして夕方になると温度が下がってしまい 目地のモルタルが凍結するので仕方がありません。

現段階で2階の窓下まで完了しているので レンガの色もよく確認できました。
当初 想像していた色合いよりも かなりいい感じでした。

内部はマッハシステムの配管工事も終わり 内部造作大工の福島さんが頑張っていました。断熱材を張り 気密用のペーパーバリアー工事が終わりセッコウボード工事も

順調に進んでいますが、大きな家なので やりがいがあると本人は言ってました。
とても 私は心強く思えました。このまま頑張ってほしいです。

帰り際に偶然 お客さんにお会いしたら とても気に入っていただいて嬉しかったです。

初詣

2019/01/01

毎年 初詣は地元のお稲荷様と 宮田十五社宮に行きます。願い事はいつも家内安全
と商売繁盛です。ここ数年は家族揃って 神社にいきます。

元旦は神主様にお祓いをして貰います。子供の頃境内で よく遊んだ宮田十五社宮は
大鳥居も仁王様も狛犬も 新しく立派になっています。境内もきれいになっています。

天草には、十五社宮という里の神社が各地にある。天草独自の十五社宮は、海に生きた原住民、すなわち古代天草の海人族が 信仰を寄せた環 シナ海文化圏につながる

龍宮が「ジュクサさま」「ジュウゴさま」と転訛していたものに「十五社」の漢字を
あて、いつしか天照大御神や阿蘇十二神をふくむ 大和朝廷文化圏の神々十五社をあてて併祁したものらしい。

この十五社は、戦国時代まで天草郡に属していた薩摩の獅子島、長島、それに江戸時代まで天草と海上交易が盛んだった 肥後の高橋や松合にもある。

歴史のある十五社宮で神主さんに お祓いをしていただいているので 今年も良い年になると思って 一生懸命 頑張ろうと思います。

小田原の釜飯

2018/12/12

小雨の降る日 横須賀の現場を見に行きました。大工の福島さんはじめ マッハシステム工事を宇留間さん レンガ工事は東さんと職人さん5人とたくさん職人が頑張っていました。

工事は順調に進んでいました。その後 海岸線134号と西湘バイパスで小田原についたのは午後一時頃でした。現場はフレミングの笠井大工さんたちが 2人でもう2階の床

工事まで進んでいました。色々と打ち合わせの後 お客様に教えて頂いた釜飯屋さんに行くことにしました。小田原は海の側ですが、海鮮料理だけではなく釜飯も美味しいと教えて頂いたので、早速行ってきました。

そこは 鳥ぎん 小田原駅前店という お店ですが、非常にわかりずらい場所で仕方ないので 近くの有料駐車場に車を止めて 細い路地裏を歩き出したら 偶然鳥ぎん

さんの前に出てビックリしました。店内は落ち着いた感じ作りになっていて、いかにも釜飯屋さんという感じでした。

]ランチをお願いしたのですが、注文の後 ごはんを炊くので30分程かかるとの事 仕方ないので待ちましたが、もう2時を過ぎていたので お腹がすいていたので、釜飯が出て来た時は 直ぐにガツガツと食べ始めてしまいました。

 

釜飯は色々な種類があり 今度は他の釜飯に挑戦しようと思います。

 

勝沼ぶどうの丘

2018/11/28

 

甲州市勝沼ぶどうの丘は 一面に広がるぶどう畑の小高い丘の頂上に 「ぶどうの丘」があります。季節ごとに彩どりを変えるぶどう畑の風景になじみ、『ぶどうとワインの町』・勝沼のシンボルとなっています。

地下のワインカーブ(貯蔵庫)には 年2回の審査会をパスした甲州市推薦の約200銘柄のワインが並び、入り口の受付で1100円のタートヴァンを購入すれば、ワインカーブの中での試飲はすべて無料。

入り口は白ワインからスタートしました。次にロゼ カーブの突き当りは今の時期特別に ボージョレーヌーボー そして赤ワインになります。

ワイン好きには たまらないのですが、今回は試飲の前にレストランで 食事をしていたのであまり酔うことがなくて よかったです。

前回 クリスマス用の赤ワインをかったので 今回は白ワインを買いました。

 

円性寺(熊本県天草市栖本町)

2018/11/24

熊本県天草市栖本町に所在する円性寺は藤川家の菩提寺である。亡き母の事で何度もお世話になり、訪れるうちに子供の頃 祖母や両親とお世話になって時の事を久しぶりに思い出しました。

 

子供の頃はなにもわからなかったが、円性寺は天草 島原の乱後の1645(正保2)年頃に天草が天領となった時の初代代官、鈴木重成により人心を安定させる為に建立されました。

重成は乱の後、キリシタンの取り締まりと仏教を用い人心安定を進めるべく 僧侶であるあにの正三和尚を迎え、19寺3社を建立・再建しました。

その中の「円性寺(天草市栖本町)」・「東向寺(天草市本町)」・「崇円寺(天草市河浦町)」・「国照寺(苓北町)」は「天草四ヶ本寺」と呼ばれています。

特に円性寺は、江戸末期まで島民の戸籍調査やキリシタン信者の取り締まり および改宗などを行っており「改宗行政寺」とも呼ばれていました。

なお、円性寺が建立される以前は1638(寛永15)年まで 天草を支配していた寺沢氏の郡代役所があったと言われています。その後、廃寺となっていた円性寺を鈴木重成が当地に再建し現在に至ります。

 

子供の頃 先祖の命日の度に この石段を駆け登って山門の下をくぐって 本堂にお参りをしたのが、思い出されます。もう駆け登ることはできませんが月日の経つのは早いものです。

横須賀の家

2018/11/09

今日は雨の中 横須賀の家を見に行きました。3台分のビルトインガレージのある家です。南西と東側に塔があります。とても大きな専用住宅です。

雨がかなり激しく降る中を フレマーの笠井さん一人で頑張っています。もちろん
外壁材も木材も 撥水性のある材料ですので、雨降りでも問題ありません。

テラスも屋根をかけます。玄関は大きなアーチ 広いリビングにサーキュラ階段が
つきます。各部屋が広いので構造計算が基礎鉄筋 1階・2階の木造部分が大変でした。

基礎工事も当然ながら これだけ大きな家は1ヵ月ほどかかります。鉄筋の量もたくさん必要になり 鉄筋が図面の通り 配筋されてるか 確認が必要になります。

基礎工事が完了したら 屋外給排水工事 その後 外部足場工事 その後大工工事
土台敷き 床根太工事の完了後 防蟻処理 そして 床下断熱材施工

 

1階床材施工後 1階壁パネル そして2階床根太 の後2階壁パネル工事になります。多分今日は1階の 下屋工事まで終わりです。明日は外壁の残りを終わると

いよいよ2階の屋根工事になります。屋根工事が終わるとフレーマーの仕事が完了になり 屋根屋さんにバトンタッチになります。

 

 

プロヴァンス風(南仏)の家

2018/10/26

埼玉県日高市に施工中の M氏様邸を現場調査に 行きました。森の中にたたずむ プロヴァンス風の家は現在 屋根工事が終わり 外壁はラス工事も完了して内部も

石膏ボードを貼り始めたばかりでした。ビルトインガレージの 内部造作はほぼ完了
済です。工事は順調に進んでいます。

平屋の家に ビルトインガレージ付の家ですので かなり大きくて 正面のR窓とRの開口部がとても 特徴があります。

この家は広い敷地に アール壁と塗り壁 そしてバックに森があり 白い壁が映えると思います。

この地は多分 冬場は冷え込むと思いますが 建物は高気密・高断熱ですので、家の中は冬暖かく 夏涼しいと思います。

省エネルギーの家ですので 光熱費も少なく 完成するのがとても楽しみです。家はデザイン性だけじゃない。たしかな基本性能が とても大事です。

彼岸花(ヒガンバナ)

2018/09/15

我が家の庭にもいつのころか?ヒガンバナが咲いています。 ヒガンバナは、ヒガンバナ科ヒガンバナ族の多年草である。ヒガンバナは、その名の通り秋のお彼岸に合わせて花の見ごろをむかえます。

ヒガンバナという花は「不吉な花」というイメージがありますが、実際の所はどうなんでしょうか?

土手や田の畔に生える。秋の彼岸のころ、高さ約30センチの花径を伸ばし、長い雄しべ、・雌しべをもつ赤い6弁花を数個輪状につける。

花の後、線形の葉が出て越冬する。有毒植物であるが、鱗茎を外用薬とする。

田んぼのあぜ道でよく見るには理由がある。お彼岸の季節、田んぼのあぜ道や土手で見かけることが多いが、これはモグラやノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、

ヒガンバナの毒性のある球根を植えることで防ぐため。またヒガンバナの根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に植えてあぜの作りを強くするため。

ヒガンバナが持つ毒とは全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物、誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合は中枢神経の麻痺を起して死に至ることもある。

毒を持っている鱗茎をどのようにしてたべたかと言いますと、「水晒し」という技法によって良質のデンプンを得ることにあります。