熱海梅園

2019/01/23

「熱海梅園」の梅の花が、咲き始めていると思い「熱海梅園」の「梅まつり」にいきました。
まだ4分咲きでしたが、梅の花香りがほのかに漂い春を感じられます。

「熱海梅園」へのアクセスは、JR熱海駅から伊東線に乗り換え、来宮(きのみや)駅で下車し
徒歩10分ほど。急勾配の坂道を600mほど登ります。

車で行く場合は熱海梅園の近くに駐車場があり、梅まつり期間中は係員がいました。駐車料は600円・税込です。

熱海梅園ができたのは1866(明治19)年のこと。当時の内務省の長与専斎が「温泉が良く病気に効くのは、ただその中に含まれている塩気や鉄精にばかり頼らず、適当な運動をするからである。

もし一日中部屋にいて、温泉に浸かっていたら、疲れるし、養生にならない」と提唱したことが
きっかけで、横浜の豪商たちが造成し完成しました。確かに、駅から梅園まで続く登り坂はキツイけれどいい運動になる!

熱海梅園の園内には初川が流れ、いくつもの橋がかかる。44000平方メートルの広い敷地には、59品種・472本もの梅の木が白、桃、紅、の花が咲き誇る光景が、寒さをを忘れさせてくれます。

熱海梅園に植えられている梅の木は、早咲き272本、中咲き104本、遅咲き96本が植えられており、順に開花していきます。時期をずらしていけば違った景色を楽しめると思います。

ちなみに、私が好きな梅の花は中咲きの梅「呉服枝垂れ」(くれはしだれ)と遅咲きの「思いのまま」 この梅は1本の木に紅梅と白梅が混在して咲く珍しい品種。

育てている人の希望など気にせず思いのまま咲き分けるので、この名前がついたそうです。毎年姿を変えて咲き誇るのが特徴です。

横須賀の家 Ⅱ

2018/12/26

レンガ職人さんとの打合せに 横須賀の家に行きました。やはり立ち上がると大きいです。時々来ているのですが!外壁のレンガの色もとてもいい感じです。

進み具合も予定通りにきています。レンガ職人さん達が頑張っています、もう少し夕方は残業して貰いたいのですが日が落ちるのが早く そして夕方になると温度が下がってしまい 目地のモルタルが凍結するので仕方がありません。

現段階で2階の窓下まで完了しているので レンガの色もよく確認できました。
当初 想像していた色合いよりも かなりいい感じでした。

内部はマッハシステムの配管工事も終わり 内部造作大工の福島さんが頑張っていました。断熱材を張り 気密用のペーパーバリアー工事が終わりセッコウボード工事も

順調に進んでいますが、大きな家なので やりがいがあると本人は言ってました。
とても 私は心強く思えました。このまま頑張ってほしいです。

帰り際に偶然 お客さんにお会いしたら とても気に入っていただいて嬉しかったです。

初詣

2019/01/01

毎年 初詣は地元のお稲荷様と 宮田十五社宮に行きます。願い事はいつも家内安全
と商売繁盛です。ここ数年は家族揃って 神社にいきます。

元旦は神主様にお祓いをして貰います。子供の頃境内で よく遊んだ宮田十五社宮は
大鳥居も仁王様も狛犬も 新しく立派になっています。境内もきれいになっています。

天草には、十五社宮という里の神社が各地にある。天草独自の十五社宮は、海に生きた原住民、すなわち古代天草の海人族が 信仰を寄せた環 シナ海文化圏につながる

龍宮が「ジュクサさま」「ジュウゴさま」と転訛していたものに「十五社」の漢字を
あて、いつしか天照大御神や阿蘇十二神をふくむ 大和朝廷文化圏の神々十五社をあてて併祁したものらしい。

この十五社は、戦国時代まで天草郡に属していた薩摩の獅子島、長島、それに江戸時代まで天草と海上交易が盛んだった 肥後の高橋や松合にもある。

歴史のある十五社宮で神主さんに お祓いをしていただいているので 今年も良い年になると思って 一生懸命 頑張ろうと思います。

横須賀の家

2018/11/09

今日は雨の中 横須賀の家を見に行きました。3台分のビルトインガレージのある家です。南西と東側に塔があります。とても大きな専用住宅です。

雨がかなり激しく降る中を フレマーの笠井さん一人で頑張っています。もちろん
外壁材も木材も 撥水性のある材料ですので、雨降りでも問題ありません。

テラスも屋根をかけます。玄関は大きなアーチ 広いリビングにサーキュラ階段が
つきます。各部屋が広いので構造計算が基礎鉄筋 1階・2階の木造部分が大変でした。

基礎工事も当然ながら これだけ大きな家は1ヵ月ほどかかります。鉄筋の量もたくさん必要になり 鉄筋が図面の通り 配筋されてるか 確認が必要になります。

基礎工事が完了したら 屋外給排水工事 その後 外部足場工事 その後大工工事
土台敷き 床根太工事の完了後 防蟻処理 そして 床下断熱材施工

 

1階床材施工後 1階壁パネル そして2階床根太 の後2階壁パネル工事になります。多分今日は1階の 下屋工事まで終わりです。明日は外壁の残りを終わると

いよいよ2階の屋根工事になります。屋根工事が終わるとフレーマーの仕事が完了になり 屋根屋さんにバトンタッチになります。

 

 

野田聖子大臣 みなみ野に来る!

2018/10/01

9月4日発売の女性自身で掲載されたみなみ野グリーンゲイブルズの
桑江先生の記事をご覧になった野田大臣が来られたみたいです。

野田聖子女性活躍担当大臣は桑江千鶴子院長先生の「女性が一生働ける
病院を作るまで」という記事だった。

24時間体制で勤務する、産婦人科や外科の女性医師は、出産や育児を機に
一定期間、医療現場を外れざるをえない。

そんな現状を憂い、桑江千鶴子先生は、女性医師が子育てしながら経験を
つめる 産婦人科を開業した。

ここでは、看護師も病棟、外来、手術と何でも担当できるように訓練し、
育児中のスタッフをサポートする体制を目指している。

野田聖子大臣はこのクリニックをたいそう気に入っていただいたようです。
マッハシステムのついた病院は初めてです。

どの部屋にいっても同じ温度ですし、空気も1時間に0.5回熱交換器を通じて
入れ替わりますので、非常に快適だと思います。

電気代も建物が、極端な省エネルギーですので、安 く そして太陽光パネル
による発電によってより安くなります。

入院している方も赤ちゃん快適に過ごせると思います。もちろん、そこに働く

人にも快適だと思います。

今後、育児中の病院スタッフが利用できる保育施設や、産後うつに対応した産後ケア施設も計画があるので、参加できればと思います。

 

 

 

 

 

女性が一生 働ける病院「みなみ野 グリーンゲイブルズ クリニック」

2018/09/29

以前からご案内させていただいてております、みなみ野グリーンゲイブルズの計画当初、土地の候補地を案内されました。南側道路は敷地より1.2m程低く 北側道路は5m程低く かなり段差のある900坪あまりの土地でした。

もともと開発ずみの土地なのに土地の高低差があり過ぎるのと土地が広い為 開発にかけなければならず北側の擁壁工事と開発行為による建物を建てる前にやらなければならない事ことがたくさん有ると容易に想像できました。

先生は東京都立多摩総合医療センターの産婦人科部長として、緊急帝王切開や高難度の婦人科手術でメスを握っていた経験からいろいろな考えをお持ちでした。

最初から妊婦と赤ちゃんにやさしく、そこに働く人は「女性が一生働ける病院」を作りたいと仰っていました。病院の後は出産後の産後施設 そしてクリニックの隣には

保育施設を作りたいという大きな計画を語っていらっいました。私は産婦人科病院のことは初めは何も分かりませんでしたが、できるだけ先生のお役に立ちたいと思いました。

まずはこの高低差のある土地の有効利用を考え、開発行為のコストをいかに下げるか? を考え悩みましたが、うまく出来たと思います。

次にクリニックの設計ですが、病室は19室、手術室2部屋、等など先生に教わりながら以前 行ったことのある都立大塚病院の産婦人科を少し参考にしながらプランしました。

工事はツーバイ工法の耐火建築の2階建て、非常に難しい仕事でしたが、無事工期通り終えることが出来ました。先生の御理解とこの工事に関わった業者さんと担当の社員の頑張りだと思っています。皆さんの協力には感謝しています。

今回は9月4日発売の「女性自身」に桑江千鶴子院長先生の事が大きく取り上げられていました。 先生の考えが広く伝わるといいなと思います。

カヌー体験ツアー2018

2018/08/25

毎年恒例のカヌー体験ツアーがおこなわれました。多くのお客様に参加頂きました。八王子駅の南口からマイクロバスに乗って参加される方、マイカーで参加なされる方

オーナー様にマイクロバスを運転手をしていただいた 平野様 同じく カヌーのインストラクターをお願いしている 内田様御一家 料理を担当いただいた山下様ご夫婦有難うございました。

今年もたくさんのお客様とワンちゃん6ぴき参加してくれました。天気も25度位でとても快適な気候でした。参加して頂いた方はカヌーを体験して頂きました。

また、お子さんとワンちゃんは山中湖で泳いで楽しそうでした。料理はバーベキューだけでなく、今年は桜のチップで燻した ゆで卵 ベーコン かまぼこ チーズ

ビールのつまみには最高でした。しかも、皆様にはたくさんの差し入れをして頂きとても感謝しています。

今年のカヌーは リバーカヤックが2艇 シーカヤックが3艇 スタンドアップパドルボード1艇をつかってみんなで楽しみました。

とても評判が良いのでまた来年もカヌー体験ツアーを行いたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなみ野 グリーンゲイブルズクリニック

2018/08/21

8月21日発売の女性自身にみなみ野グリーンゲイブルズクリニック産婦人科病院が取り上げられました。

桑江院長先生には設計時から参加 頂き先生の想いが詰まった病院ですので、入院患者様、病院のスタッフの方たちに気に入ってもらえていると思います。

建物は2x4工法の耐火建築です。まだ、日本では木造建築の病院は殆どありませんが、欧米では5階建て以下の建物は多くの場合木造です。

鉄筋コンクリート造や鉄骨造りに比べても良いところがたくさんあります。断熱性・防火・気密性 これらのことにより 当社の得意のマッハシステムによる全館空調

この空調は赤ちゃんとお母さんにはとても評判が良いです。しかも、少エネルギーですので快適だと思います。

桑江院長先生はクリニックの隣りに産後施設や保育施設の開設する考えをお持ちと聞いておりますので、当社も少しでもお手伝いをさせていただいてお役に立てればとおもっています。

 

西湘PA (パーキングエリア) 下り・小田原・箱根方面

2018/08/01

鎌倉市と茅ヶ崎市の現場調査の後 小田原市の現場調査に行く為 久しぶりに西湘バイパスにのりました。とても暑い日でしたが、海岸沿いの道路は風も爽やかで、気持ちよかったです。

小田原・箱根方面に走っていると、パーキングエリアがあったので寄ってみました。フードコートは1店舗あり 今は生シラス丼が人気みたいでした。

 

パーキングエリアの前は湘南の海が広がっていて波も穏やかでした。小田原での現場調査の後 だるまにて昼食を食べることにしましたが、いつもよりはお客さんが少なくて直ぐ席に案内されました。

私はいつもの海鮮丼をお願いして美味しくいただきました。今度は現場の打合せの時に来たいものです。

FISH ON 鹿留(ししどめ)

2018/07/24

毎年 この時期には天草会(職人・業者・メーカー)の人たち そして社員の皆と交流とレクレーションを兼ねて 山梨県都留市鹿留にある FISH ON 鹿留にやってきています。

FISH ON 鹿留は八王子の本社から中央道都留インターチェンジを下りて20分くらいで到着する。ポンド二つと渓流を区切った流水エリアで構成されています。

エサ釣り フライフィッシング ルア- フィッシング ができる管理釣り場です。魚種はマス、ニジマス、私は今年もフライで10匹ほど釣りました。

その後はみんなで焼肉を楽しみました。天草会の皆さん有難うございました。たいへん楽しかったです。来年も宜しくお願い致します。