熱海観光

2019/02/11

昨日もお客様の案内で3日続けて熱海に行きました。先週はプライベートで行ったのに偶然3連休に8,9,10日と続けて熱海に現場案内でいく事になるとは、

これでは、毎日 熱海観光に行ってるようなものです。ちょうど中国の正月(春節)休みの観光客と熱海梅、熱海桜の満開が重なってたいへんな人だかりです。

熱海の観光スポット、まずは「熱海梅園」そして園内の足湯「来宮神社」そして今が満開の日本で一番早咲の「あたみさくら」

東洋美術の絵画・書籍・工芸を中心に国宝3点、重要文化財66点を含む約3500点の収蔵品を誇る熱海を代表する美術館。MOA美術館。

旅館の”お茶請け”としてお菓子文化が根付く熱海の町。創業100年を超える今も当時と同じ原料と製法を守る和菓子店、昭和の宮造りの建築美が残る和菓子店、

昭和の文豪に愛された洋菓子店など、一つ一つの店に歴史とストーリーが息づいています。最近では古い建物をリノベーションした洋菓子店もあり、新しさと懐かしさが

融合した味わいらしさも熱海らしさです。最近では熱海プリンがたいへんな人気でたくさんの人が並んでいました。

熱海港や網代港で水揚げされた とれたての海鮮が楽しめます。新鮮なネタをたっぷり乗せた海鮮丼やお刺身、煮付けは、一度は食べておきたい定番グルメです。

仕事が終わり遅いランチをファミリーレストランで食べて、大渋滞の小田原・厚木道路を通り 圏央道で帰りました。土日には熱海観光は避けたいものです。

横須賀の家

2018/11/09

今日は雨の中 横須賀の家を見に行きました。3台分のビルトインガレージのある家です。南西と東側に塔があります。とても大きな専用住宅です。

雨がかなり激しく降る中を フレマーの笠井さん一人で頑張っています。もちろん
外壁材も木材も 撥水性のある材料ですので、雨降りでも問題ありません。

テラスも屋根をかけます。玄関は大きなアーチ 広いリビングにサーキュラ階段が
つきます。各部屋が広いので構造計算が基礎鉄筋 1階・2階の木造部分が大変でした。

基礎工事も当然ながら これだけ大きな家は1ヵ月ほどかかります。鉄筋の量もたくさん必要になり 鉄筋が図面の通り 配筋されてるか 確認が必要になります。

基礎工事が完了したら 屋外給排水工事 その後 外部足場工事 その後大工工事
土台敷き 床根太工事の完了後 防蟻処理 そして 床下断熱材施工

 

1階床材施工後 1階壁パネル そして2階床根太 の後2階壁パネル工事になります。多分今日は1階の 下屋工事まで終わりです。明日は外壁の残りを終わると

いよいよ2階の屋根工事になります。屋根工事が終わるとフレーマーの仕事が完了になり 屋根屋さんにバトンタッチになります。

 

 

平屋のレンガ積みの家

2018/10/07

鹿児島県霧島市の、F氏様邸の引き渡しに行ってきました。
敷地は146.2坪、建物は50.85坪の平屋建てです。

平屋と言っても サーキュラ階段を設置する為に 一部二階建てに
した2階建ての建物です。

外壁は窓飾り、妻側、軒下のディンティール モールディング等
そして本物のレンガ積み。

内部も天井、壁共 たくさんの飾りモールディングをつけた華麗で
豪華な家になりF氏様も非常に喜んでいました。

 

キッチンはトクラスの鏡面仕上げの赤、浴室はLIXILのアメージュ
便器はTOTOのネオレスト 洗面器は輸入物 水周りも豪華仕様

サッシュは樹脂のペアガラス 照明器具 カーテンは施主施工そして
家具は現在 この家の為に 用意したロココ調の豪華な家具

庭は薔薇を、アーチ、オベリスク等 立体的に配置したガーデニング
になると思います。庭の薔薇が満開の頃、又伺いたいと思います。

カヌー体験ツアー2018

2018/08/25

毎年恒例のカヌー体験ツアーがおこなわれました。多くのお客様に参加頂きました。八王子駅の南口からマイクロバスに乗って参加される方、マイカーで参加なされる方

オーナー様にマイクロバスを運転手をしていただいた 平野様 同じく カヌーのインストラクターをお願いしている 内田様御一家 料理を担当いただいた山下様ご夫婦有難うございました。

今年もたくさんのお客様とワンちゃん6ぴき参加してくれました。天気も25度位でとても快適な気候でした。参加して頂いた方はカヌーを体験して頂きました。

また、お子さんとワンちゃんは山中湖で泳いで楽しそうでした。料理はバーベキューだけでなく、今年は桜のチップで燻した ゆで卵 ベーコン かまぼこ チーズ

ビールのつまみには最高でした。しかも、皆様にはたくさんの差し入れをして頂きとても感謝しています。

今年のカヌーは リバーカヤックが2艇 シーカヤックが3艇 スタンドアップパドルボード1艇をつかってみんなで楽しみました。

とても評判が良いのでまた来年もカヌー体験ツアーを行いたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

道の駅 八王子滝山

2018/05/09

滝山街道を車で移動中 久し振りに 道の駅 八王子滝山によって見ました。
ちょうど お昼時だったので 大好きな八王子ラーメンを注文しました。

八王子ラーメンはしょうゆ味にきざみたまねぎ、シナチク、海苔が1枚そして
チャシユウが1枚のシンプルなラーメンです。そんなに特別おいしい訳ではないが
癖になり時々食べます。

道の駅八王子滝山は平成19年4月にオープンし、今年で10周年を迎えます。東京初の道の駅であり、今も「東京唯一」の道の駅として、地元の人や観光客で賑わっています。

当日も広い駐車場に入る為に車がたくさん並んでいました。当道の駅でも地元の新鮮野菜や八王子の牛乳を使ったソフトクリーム等 販売していました。

八王子ならではのメニューや新鮮野菜を使ったサラダバーなどを提供する「やさいの食卓 八農菜」などがあります。

また 建物の外では市内農家さんが丹精込めて育てた植木、花の苗、野菜の苗が販売されています。ここに来れば、庭でいつでもガーデニングが始められます。

市内農家さんが心を込めて育てた色々な切花も販売していました。

 

 

みなみ野バラ街道 Ⅲ

2018/05/04

みなみ野バラ街道は我が家を起点に始まります。最初に咲くバラは東面の擁壁に誘引している ロサ・キネンシス(庚申バラ)こうしんばらです。

庚申薔薇の用語解説ーバラ科の常緑低木。主に5月ごろ紅紫色の花を開くが、四季を通じて咲く。名は、ほぼ隔月に庚申が来るように、たびたび花が咲くという意から。

中国の原産で、庭園に植えられる。長春花。我が家では早く咲きはじめます、丈夫でシュートも良く伸びますがアブラムシもつきやすいです。

春がすみ「サマー・スノー」と言えば非常に有名な四季咲き木立性 白バラの名花であるが、その サマー・スノーのピンク色の枝替わり品種が「スプリング・パル」と

よばれる品種である。そして「つる・サマー・スノー」は「サマー・スノー」から派生した 白バラの一季咲き品種であるが、その枝変りピンクバラがこの「春かすみ」である。

このバラは最初に我が家に来たバラで トゲもなく強健で育てやすい花であり咲くと
全体として ボリューム感があり上品なやさしい花です。

 

竜馬とおりょう(日本初のハネムーン)の足跡を辿る

2018/04/10

名湯の里として 全国的に知られている鹿児島の霧島。実はこの霧島は、幕末の革命児・坂本竜馬とその伴侶おりょうが、日本人初のハネムーンに出かけた土地と言われている。

二人の有名なエピソードとして知られているのは、かの有名な「寺田屋襲撃事件」である。
薩長同盟の仲立ちをはたした翌々日1866(慶応2)年1月23日、伏見の船宿に宿泊していた

竜馬は百数十名の幕府方役人に取り囲まれた。その様子を湯殿で目撃したおりょうは、裸のまま飛び出しこの急を竜馬に知らせた。おかげで竜馬は手傷を負いながらも薩摩藩邸に保護されたという。

この事件をきっかけに、竜馬とおりょうの関係は一気に深まった。傷を負った竜馬に霧島での温泉治療をすすめたのは西郷隆盛だった。そのいきさつを作家・司馬遼太郎は小説「竜馬がゆく」の中にこう書いている。

一方、竜馬は別のことを考えていた。新婚旅行である。この男は、勝からもそういう西洋風俗があるのを聞いている。いっそのこと、鹿児島、霧島、高千穂と、おりょうを連れて新婚旅行にでかけた。

霧島のたびのなかで二人がもっとも長く逗留したのが、刀傷によく聞くと言われていた「塩浸温泉」だ。竜馬らが入浴したという湯船が今も残されていました。

そして、竜馬が姉への手紙で「犬飼滝」がすばらしいと書いていますが、展望公園から見る滝は見事です。

 

そばつゆでいただく 「黒豚しゃぶ」

2018/04/10

そばつゆで食べる黒豚しゃぶしゃぶを、日本で初めて作った「いちにいさん」の国分店というお店で「かごしま黒豚」をごちそうになりました。

成長期にサツマイモをを食べるとことで、独特の旨味と甘味が増すといわれている「かごしま黒豚」。きめ細やかな繊維質を持つ上品でやわらかな赤身と、旨味を含んだ白身が特徴です。

しゃぶしゃぶのたれと言えば、ポン酢やごまだれなどが主流ですが、このお店で出るのは「そばつゆ」。最初はよくわからなかったのですが、日本そば屋が母体と聞いて納得です。

そばつゆを引き立てる名脇役が「特製ゆずこしょう」と白ネギで食べる 黒豚しゃぶしゃぶはとてもおいしいです。とてもたくさんご馳走になったのですが、黒豚しゃぶしゃぶ、豚バラかつ

きびなごの刺身、さつまあげ、黒豚玉子焼き、飲み物はもちろん、鹿児島の芋焼酎です。とても おいしくて、ほろ酔いかげんで少しふらふらしながら、ホテルまで歩いて帰りました。

「霧島」芋焼酎

2018/03/30

鹿児島県霧島市のH氏様邸の仕事が始まりました。以前から とてもきになっていた「黒霧島」
芋焼酎を試しに買って飲んでみました、下戸のの私でも なんとなく美味しかったです。

ただ 一寸 気になったのが、酒造元の霧島酒造株式会社が鹿児島県霧島市ではなく、宮崎県都城市だったので少し びっくりしましたが両市共 霧島連山のふもとなので納得です。

種類も豊富です。私は「黒霧島」 「白霧島」 「赤霧島」と飲んでみました。焼酎初心者の私
ですが、黒と白の違いが少しわかったような気がします。赤は家族が買ってたのを勝手に飲んで怒られましたので、味はよくわからなかったので、今度は自分で買ってのみたいとおもいます。

最近では「茜霧島」 「金霧島」等 の商品も増えているので、少しずつ飲んで楽しんでみようと
思います。焼酎の種類は麹によって変わる だけでなく原材料のサツマイモの種類でも違うみたいです。

こう書くと なんだかいっぱしの「のんべぇ」になった気がしますが、あくまでも私は酒の弱い九州男児です。子供の頃 「茜霧島」の原材料の「オレンジ芋」や「黄金千貫」などのサツマイモを何度か食べたことがあります。多分 品種改良される前のものでしょう。

「倉岳」芋焼酎

2018/03/25

最近 焼酎の水割りを飲むようになりました。2・3年前までは、生ビールの中ジョッキ 2~3杯で酔っ払ってダウンしていましたが、焼酎の水割りでも飲めるようになりました。

下戸の私でも芋焼酎が美味しいと 思えるようになりました。特に「倉岳」という芋焼酎が美味しいです。「倉岳」は天草市倉岳町でとれた「しもん芋」を原料に仕込まれています。

シモン芋

「しもん芋」は熊本県の特産品となったサツマイモで、桁違いの量の天然ミネラルや
ビタミンAEKや繊維質を含んでおり、血糖値を下げる効果、

カルシウムの骨への沈着を助ける作用があると言われ 注目を集めている芋です。以前 しもん芋の葉っぱでできたお茶が健康に良いと言われ 日本中で人気になり品薄で中々 手に入らなくなりました。

倉岳町の遺跡発掘に携わった方が秋篠宮殿下とお知り合いで、この「倉岳」を差し上げたところ、殿下がお気に召され、皇室献上酒となったことで注目を集めました。

倉岳

芋焼酎「倉岳」はまろやかな味です。「黒倉岳」は味をさらに深めるため、黒麹などを使って造り上げた「コク」と「スッキリ」の本格芋焼酎です。2年に一度しか栽培することができない貴重

黒倉岳

な しもん芋で造った本格芋焼酎をシェリー樽の中で熟成させてつくられたのが「熟成倉岳」があります。

熟成倉岳