小田原の釜飯

2018/12/12

小雨の降る日 横須賀の現場を見に行きました。大工の福島さんはじめ マッハシステム工事を宇留間さん レンガ工事は東さんと職人さん5人とたくさん職人が頑張っていました。

工事は順調に進んでいました。その後 海岸線134号と西湘バイパスで小田原についたのは午後一時頃でした。現場はフレミングの笠井大工さんたちが 2人でもう2階の床

工事まで進んでいました。色々と打ち合わせの後 お客様に教えて頂いた釜飯屋さんに行くことにしました。小田原は海の側ですが、海鮮料理だけではなく釜飯も美味しいと教えて頂いたので、早速行ってきました。

そこは 鳥ぎん 小田原駅前店という お店ですが、非常にわかりずらい場所で仕方ないので 近くの有料駐車場に車を止めて 細い路地裏を歩き出したら 偶然鳥ぎん

さんの前に出てビックリしました。店内は落ち着いた感じ作りになっていて、いかにも釜飯屋さんという感じでした。

]ランチをお願いしたのですが、注文の後 ごはんを炊くので30分程かかるとの事 仕方ないので待ちましたが、もう2時を過ぎていたので お腹がすいていたので、釜飯が出て来た時は 直ぐにガツガツと食べ始めてしまいました。

 

釜飯は色々な種類があり 今度は他の釜飯に挑戦しようと思います。

 

小田原漁港直送 独楽寿司 めじろ台店

2018/12/07

寿司職人の世界チャンピオンがいる、小田原漁港直送 独楽寿司 めじろ台店に昼食時に行きました。ランチの寿司の盛り合わせをお願いしました。

小田原漁港直送なのか? とても美味しかったです。でも グローバル寿司チャレンジ 2015 世界チャンピョンの地引淳さんは休みなのか?転勤なのか?いませんでした。少し残念でしたが、とても威勢のいい 板さんが3人程いました。

現在の店長は2018年 第5回 全日本回転寿司マイスター MVP決定戦 神奈川代表の平沢龍之介さんでした。店長は一番若い人で正直ビックリしましたが、寿司は美味しかったです。

他の板さんたちは 相変わらず年配の方が 多かったです。最近は回転寿司店が多いのですが、独楽寿司はお勧めです。久し振りの独楽寿司でしたが、また来ようと思いました。

勝沼ぶどうの丘

2018/11/28

 

甲州市勝沼ぶどうの丘は 一面に広がるぶどう畑の小高い丘の頂上に 「ぶどうの丘」があります。季節ごとに彩どりを変えるぶどう畑の風景になじみ、『ぶどうとワインの町』・勝沼のシンボルとなっています。

地下のワインカーブ(貯蔵庫)には 年2回の審査会をパスした甲州市推薦の約200銘柄のワインが並び、入り口の受付で1100円のタートヴァンを購入すれば、ワインカーブの中での試飲はすべて無料。

入り口は白ワインからスタートしました。次にロゼ カーブの突き当りは今の時期特別に ボージョレーヌーボー そして赤ワインになります。

ワイン好きには たまらないのですが、今回は試飲の前にレストランで 食事をしていたのであまり酔うことがなくて よかったです。

前回 クリスマス用の赤ワインをかったので 今回は白ワインを買いました。

 

円性寺(熊本県天草市栖本町)

2018/11/24

熊本県天草市栖本町に所在する円性寺は藤川家の菩提寺である。亡き母の事で何度もお世話になり、訪れるうちに子供の頃 祖母や両親とお世話になって時の事を久しぶりに思い出しました。

 

子供の頃はなにもわからなかったが、円性寺は天草 島原の乱後の1645(正保2)年頃に天草が天領となった時の初代代官、鈴木重成により人心を安定させる為に建立されました。

重成は乱の後、キリシタンの取り締まりと仏教を用い人心安定を進めるべく 僧侶であるあにの正三和尚を迎え、19寺3社を建立・再建しました。

その中の「円性寺(天草市栖本町)」・「東向寺(天草市本町)」・「崇円寺(天草市河浦町)」・「国照寺(苓北町)」は「天草四ヶ本寺」と呼ばれています。

特に円性寺は、江戸末期まで島民の戸籍調査やキリシタン信者の取り締まり および改宗などを行っており「改宗行政寺」とも呼ばれていました。

なお、円性寺が建立される以前は1638(寛永15)年まで 天草を支配していた寺沢氏の郡代役所があったと言われています。その後、廃寺となっていた円性寺を鈴木重成が当地に再建し現在に至ります。

 

子供の頃 先祖の命日の度に この石段を駆け登って山門の下をくぐって 本堂にお参りをしたのが、思い出されます。もう駆け登ることはできませんが月日の経つのは早いものです。

小田原市のレンガ積みの家

2018/11/14

 

昨日から 小田原市のレンガ積みの家 に基礎工事に吉水建設さんが 工事を始めたので現場を見に行きました。 現場は土を鋤取り 防水シートが貼られ 捨てコンクリートが打ってあり
ました。そして東京電力の方達が 電柱を移設していました。

この建物は小田原市では初めてのレンガ積みの家 だと思います。もちろん当社では 小田原市では初めてです。レンガ積みの家以外ではあります。

基礎工事が完了すると 建て方大工(フレーマ)さんが 構造のフレミング工事を始めます。

小田原市に行くと時々 小田原市本町に店を構える、明治26年創業の日本料理店「だるま」
にランチタイムに寄りますが、時間によっては1時間くらい 並びます。

ですから なるべく時間をずらしていきます。今回は私は創業から続く 名物の天丼にしました。特性の香り高い ごま油が香り高く、衣はかりっと、身はふわっとやわらか。

奥さんはいつもの海鮮丼です。前回は私も海鮮丼でしたが、刺身が新鮮でとてもおいしかったです。一階のテーブル席は豪華な造りになっています。

人気のお店ですからせわしいのは 仕方がないと思います。従業員の方も一生懸命頑張って
いらっしゃいます。なるべく、近くに来たらここで食事をしたいと思います。

 

ジャパンホームショー 2018

2018/11/21

「ジャパンホームショー」にいってきました。「ジャパンホームショー」は、建材やインテリア製品、構造材・部材、設備、サービスなど多種多様な製品 が出展する展示会であり、

今回記念すべき40回目 の開催に 取引先のハウディーの専務に 誘われて行きました。
工務店、ハウスメーカー、および設計・デザイン事務所のほか、建設会社、デベロッパー、

リフォーム会社など建築に 関わる関係者が一堂に 集まる日本最大の住まいの展示会です。「ふるさと建材・家具見本市」、「トイレ・バス・キッチン空間・設備フェア」、

「断熱建材・システム特集」等幅広く 開催されていました。取引先のブースで知り合いの工務店の社長にお会いしました。毎年来ていますが、今年はあんまり 盛り上がっていない様な感じでした。

例年より断熱建材・空調システム等 空気に関するブースが 非常に多かったです。当社が長く空気環境に取り組んでいるので、知っているメーカーがたくさん 出展 していました。

いつも食事をするのが 混んで大変なのが、今年はすんなり和食の お店に入れて海鮮丼
を食べることができました ので来場者は少ない様な気がしました。