おめでとう!天草 世界文化遺産登録 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」

2018/06/30

おめでとうございます!長年の希望であった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が日本で22件目の世界文化遺産への登録されました。

 

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、2世紀以上にわたるキリスト教禁教政策の下でひそかに信仰を伝えた人々の歴史を物語る他に例を見ない証拠です。

 

 

15世紀半ばに始まるポルトガルの世界進出は、15世紀末にアジアへと到達した。ポルトガル国王の要請を受け、イエズス会宣教師による宣教活動も活発となり、その活動はインドを拠点として展開された。

1549年、イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルは中国船に便乗して鹿児島に上陸し、日本にキリスト教を広めた。宣教師はキリスト教を広めるにあたって、まず領主(大名)に教えを説き、仏教からキリスト教へと改宗させた。

そして彼らを介してその家臣や領民をキリスト教へ改宗させるという方法をとった。領主が改宗しない場合、礼物を持参し貿易を斡旋するなどの方法をとり、大名の家臣や領民に対してキリスト教を宣教する許可を得て活動を行った。

戦乱の中で日本を統一した豊臣秀吉は、宣教師とキリシタン大名の結びつきが強くなって領地を譲ったり秀吉にとって都合の悪い行動が見られたことにより、「バテレン追放令」を発令した。

秀吉の死後、江戸幕府を開いた徳川家康は当初キリスト教への信仰を黙認したが、徳川氏中心の封建体制を確立するためにキリスト教禁教令を発した。

このような厳しい状況にあっても、密かに信仰を続けることを選択した潜伏キリシタンの人々が長崎と天草地方に残っていた。

 

 

 

 

 

 

白虎隊 飯盛山

2018/06/13

私の中で会津藩といえば、白虎隊である。白虎隊は、会津戦争に際して会津藩が組織した、16歳から17歳の武家の男子によって構成された部隊である。

慶応4年(1868年)、鳥羽・伏見の戦いにより戊辰戦争が勃発した。会津藩は旧幕府勢力の中心と見なされ、新幕府軍の仇敵となった。

白虎隊は本来は予備兵力であった。隊は士中隊、奇合隊、足軽隊から成り、充足数はおよそ340名程度とされた。なお、装備していた火器は旧式銃(ヤゲール銃、ゲベール銃の短銃神化、前装装条銃)のみであったとされる。

これは火縄銃よりはましというレベルの装備であり、新政府軍の主力たる西南雄藩部隊の装備に対して著しく劣っていた。

会津藩では若松城(鶴ヶ城)を死守すべく、若松へと至る街道口に主力部隊を展開させて防備に務めたが、圧倒的な物量でせまる新政府軍に対しては劣勢は否めず、

白虎隊も各所で苦戦を強いられ、戦死者も少なからず有り、負傷者を抱えながら郊外の飯盛山へと落ち延びた。

この時、ここから眺めた戦闘による市中火災の模様を目にし、結果総勢20名が自刃を決行し唯一喉を突いた飯沼貞吉のみが、一命を取り留め、その他19名が死亡した。

この様な、悲劇が今でも会津では語りつがれている。

会津藩校 日新館

2018/06/13

伊佐須美神社参拝の後 会津若松市内の会津藩校「日新館」を訪ねました。
「日新館」は、人材の育成を目的に1803年に建設された会津藩の最高学府。

藩士の子弟は10才で入学して学問や武道に励み、心身の鍛錬に務めました。
約8千坪の敷地に武道場や天文台、日本最古のプールといわれる水練水馬池などがあり、

15才までは素読所(小学)に属し、礼法、書学、武術などを学んだ。素読所(小学)を修了した者で成績優秀者は講釈所(大学)への入学が、認められ、そこでも優秀な者には江戸や他藩への遊学が許された。

全国に数ある藩校の中でも屈指の教育機関であるといえる。

新島八重の実兄・山本覚馬や白虎隊の少年達をはじめ、多くの優秀な人材を輩出。覚馬はのちに、この日新館で蘭学の教授も務めました。

1868年、戊辰戦争により校舎は焼失。現存するのは会津若松城跡西側に残る天文台のみ。

実際の藩校は焼失したものの藩校に関する図面などの資料が残っていたため総工費34億円
を費やし、1987年3月に会津藩校日新館として、完全復元、開館した。

この施設は、博物館、道場(弓道場、武道場)・研修や宿泊施設・映画撮影所などを兼ねており、各種の武道団体も頻繁に練習や合宿に利用している。

 

伊佐須美神社(いさすみじんじゃ)

2018/06/13

伊佐須美神社(いさすみじんじゃ)は、福島県大沼郡会津美里町宮林にある神社。式内社(明神大社)、陸奥国二宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

会津盆地南縁の宮川沿いに鎮座する、陸奥国二宮・会津総鎮守である。「会津」という地名は、第10代崇神天皇(すじんてんのう)の時に派遣された四道将軍(しどうしょうぐん)
のうちの2人、

北海道を進んだ大彦命(おおひこのみこと)と東海道を進んだ建沼河別命(たけぬなかわわけのみこと)とが会津で行き会ったことに由来するといわれ、

二人が会津の開拓神を祀ったのが伊佐須美神社の創建とされる。会津地方では、古墳時代前期にはすでにヤマト王権特有の大型前方後円墳が築造されており、

王権勢力の東北地方への伸長の実情を考える上で重要な要素を担う神社である。

 

境内は広く、内部には鬱蒼とした鎮守の森が広がる。社殿は平成20年の火災で焼失したため、現在は仮社殿を設けた上で再建中である。

また文化財として、室町時代の朱漆金銅装神輿(国の重要文化財)を始めとする多くの社宝・天然記念物・神事を現在に伝えている。

この伊佐須美神社を参拝してとても、「古事記」や「日本書紀」に出てくる神様にふれた様な気がしました。

会津芦ノ牧温泉「大川荘」

2018/06/12

会津芦ノ牧温泉「大川荘」は、会津若松市にあり、山と川の自然美が織りなす絶景の渓谷沿いに建っています。会津若松の市内中心部から車で30分ほど山間の道を走り、「芦ノ牧温泉」

の大きな看板が正面に見え始める頃、阿賀川(大川)にかかった橋の上から、渓谷沿いに建つ白い建物が「大川荘」でした。滔々と流れる深緑色の川と迫りくる山々。

その渓谷沿いに建つ「大川荘」。その立地にどうやって建てたの?と感嘆せずにはいられません。橋の上から川向こうに「大川荘」を眺めつつ、阿賀川(大川)を迂回するように大川荘に着きました。

エントランスからフロントロビー、ラウンジへと広がる美しい木造空間。目にも優しい木の温もりあふれる立体的な広がりが、すばらしいです。

そして、和服に身を包んだ演者が奏でる三味線の凛とした音色が、伝統的な伝統的な日本旅館の情緒深さを一層ひきたていました。

部屋から眺める阿賀川と雄大な渓谷美、そして飛び交うたくさんのツバメ、さっそく浴衣に着替えて、旅館自慢の「空中露店風呂」に入りました。たしかに、景色もお湯もすばらしいです。

温泉旅館に宿泊したら、夕食は最も楽しみの一つです。和食膳で生ビールと福島の地酒をいただきました。福島の日本酒はおいしいです。

 

塔のへつり

2018/06/12

福島県南会津群の景勝地「塔のへつり」は、死ぬまでに一度は見ておきたい渓谷美。
と教わり 国の天然記念物指定 「塔のへつり」を見に行きました。

「へつり」とは、川岸が切り立った崖のこと。こちらで見ることが出来る崖は、100万年
もの長い歳月ををかけ、浸食と風化を繰り返し形成されたものだそうです。

奇岩が塔のごとくそそり立っているように見えることから、「塔のへつり」と呼ばれているわけです。

昭和18年に国の天然記念物に指定されており、現在も多くの方が足を運ぶ、会津の観光
スポットとなっているようです。

阿賀川にかかる 木製のつり橋を渡ると開運祈願と言われて、渡りはじめましたが結構揺れるので少しビビりながらわたりました。吊り橋からの川は穏やかに流れています。

橋の上から見える「へつり」も感動ものです。昔の人が奇岩一つづつに名前を付けたのがわかるような気がしました。

吊り橋を渡った先にあるのが、奇岩の中に作られたお堂。その中にご鎮座しているのが
「虚空像菩薩」です。この菩薩さまは、807年に坂上田村麻呂が創建したものとか。

ちなみに、虚空像菩薩は、知恵や福徳をもたらす菩薩様。その後利益は成績向上や記憶力
増進、商売繁盛、技芸向上などです。

宿場町 大内宿

2018/06/12

福島県の「大内宿」は、会津若松市から一時間ほど南に行った場所にあり、福島県内でも
屈指の観光スポットです。茅葺き屋根の民家が軒を連ねた江戸時代の宿場町の風景が現在にも残されており、重要伝統的建造物群保存地区にも指定されているほどです。

偶然 立ち寄った 土産物店の若旦那に「大内宿」について いろいろと教えていただきました。もともとこの「大内宿」が有名になるきっかけは ある東京の美術大の先生が当地を訪れて この古い街並みに感動して、保存運動が始まったらしいです。

現在も約30軒の茅葺き屋根の宿や食事処、土産店などの民家が軒を連ねています。昭和56年に全国で3番目となる重要伝統的建造物群保存地区にも指定されており、タイムスリップをしたような昔ながらの風景が広がっています。

大内宿は、昔は旅人、現在は100万人以上の観光客で賑わっており、福島県でも指折りの人気スポットなのです。

大内宿のほぼ中央にある、かっては大名の宿として利用されていた本陣を復元し、展示館にしたスポットです。

本陣は江戸時代の初期に建てられ、会津藩の藩主などが江戸への参勤交代のためこちらで
昼食をとったなどと言われています。

 

牛乳屋食堂

2018/06/12

東北新幹線の郡山駅から車で蘆ノ牧温泉駅近くの「牛乳屋食堂」に連れていっていただきました。福島県と言えば、私みたいなラーメン好きにはたまらない場所の一つ。

喜多方ラーメンや白河ラーメンなど、県外からも本場の味を求め多くの人が訪れるご当地ラーメンの聖地とも言える!

この2つが有名ですが、喜多方ラーメンでお馴染みの喜多方市のお隣、会津若松市にも「会津ラーメン」があります。

その中でも会津ラーメンの有名店である「牛乳屋食堂」は、観光地としても有名な大内宿に繋がる国道118号線沿いにあるので、観光ついでに行くのが、お勧めです。

そして、名前からも想像できるように「ラーメンに牛乳」を入れたちょっと驚きのメニューが絶品なんです!

やっぱり気になるのは店名!まさかラーメンの名店だとは思わないような店名ですが、名前の通り本当に「牛乳屋」からはじまったのが由来しているらしいです。

それは大正から昭和に変わる頃にさかのぼります。交通機関が馬から鉄道へと変わり、初代店主が馬車宿をしていた主人のもとに嫁いで芦ノ牧温泉駅前で、牛乳屋を始めたのが「牛乳屋」の始まり。

その後、当時近所に住んでいた中国人にラーメンの作り方を教わったことで「元祖志那そば会津生ラーメン」が誕生。以来80年間、代々受け継がれて来たそうです。

しかも受け継ぐのは嫁であり、初代から現在の4代目まで嫁から嫁へと受け継がれて
きたんだとか。

有名店のせいか私たちが食事終わったのが午後2時頃でしたが、のれんが外されて
「品切れの為閉店します」と看板が掛けられていました。

箱根・彫刻の森美術館

2018/06/06

箱根 彫刻の森美術館に久し振りに行きました。1969年、自然と芸術の調和をめざし、フジサンケイグループによって創設された国内初の野外美術館です。

7万㎡の広大な敷地内は季節や天候により様々な姿を見せ、ロダン、ムーア、ミロなど近現代を代表する国内外の巨匠の作品を散策気分で鑑賞できますが、あいにくこの日は雨でしたが、芸術に触れた楽しい一日でした。

彫刻の森美術館と言えば「ミス・ブラックパワー」といえるほど、ガイドブックでそのビジュアルを見かける作品ではないでしょうか。

ニキ・ド・サン・ファールの作品で、巨大な女性像<ナナ>のシリーズ。カラフルなドレスとバッグ、極端に小さな頭と手足。どっしりと大地に立つ姿は女性賛歌を表していると言われます。

彫刻の森美術館の屋外広場に配置された「歩く花」は、フェルナン・レジェの作品。
ユーモラスなフォルムにカラフルな色彩が目を引く作品で、6メートルもの高さは圧巻。

迫力満点でありながら、「今にも歩き出しそうな」姿が印象的。どこか親しみやすい作品です。

彫刻の森美術館に常設されているピカソ美術館は、世界有数のコレクションを誇る広い施設。中ではピカソ作品が順次公開されています。

ピカソといえばキュビズムに代表されるイメージが強いですが、ここでは多彩な作品が展示されており、ピカソの芸術家としての変換を感じ取ることが出来ます。

箱根関所・箱根関所資料館

2018/06/06

こどもの頃から時代劇が大好きでした。その映画の中でもよく箱根の関所が良く出てきたのが、箱根の関所でした。明治2年に廃止されるまで、江戸を守るために各地に置かれた関所。

中でも重要だった東海道を監視するために設置されたのが、この箱根の関所です。昭和40年以降に建物が一部再現され、そして平成に入ってさらに調査・復元が進められました。

全面公開となったのが平成19年です。建物などに塗られている黒い色は「渋墨」とよばれる、柿渋と松のススを練り混ぜて作る塗料のことです。

江戸時代の資料に基づいて忠実に再現されています。建物だけではなく、調度品や役人などの人型模型までも細かく復元されているので、まさに江戸時代にタイムスリップしたような気分。

関所手形をはじめ 関所破りの記録や、古文書、武器までを展示しており、箱根にまつわる書籍も販売しています。

箱根関所に入ってすぐに見えるのは、厩(うまや)です。馬の体を再現しています。次にあるのが、足軽番所。捕まった人が入ってたいわれる「獄屋」、中は狭くて暗いです。

参勤交代の大名行列や町人の旅の様子がよくわかります。江戸時代に流行ったお伊勢参りの旅道具、展示があり 便利な現代と違ってどこに行くにも自分の足で歩いて行く時代、たいへん勉強になります。