みなみ野 バラ街道 Ⅱ

2018/04/28

みなみ野にも 自宅の庭にすてきなバラを 植えて楽しんでる方が大勢います。今年はその庭とバラを紹介していきたいと思います。

まだ、バラはあまり開花していませんが、今日から天気も良く温度も上がっていますので、どんどん開花していくと思います。

私の独断と偏見で気に入った お宅のお庭をみなみ野 バラ街道として紹介していきたいと思います。皆さんとてもバラがお好きな方ばかりです。

私もこの方たちにいつも 教えて頂いています。いつも有難うございます。今年は例年よりバラの開花 時期が早く つぼみも多いと思います。

横浜イングリッシュ ガーデンはもう相当 開花していますが、八王子はこれからです。日々気候も良くなっているので、どんどん咲いてくると思いますが、早く咲いてそして長く咲き続けて欲しいものです。

 

鹿児島県 輸入住宅 洋館 F氏様邸 Ⅳ

2018/04/21

鹿児島県のF氏様邸の上棟式に行きました。先日霧島連山の新燃岳は火口周辺警報継続中。新燃岳では、活発な火山活動が続いています。

新燃岳火口から概ね3㎞の範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな隕石等により噴火警戒レベル3を維持してる。

そして4月19日には霧島連山のえびの高原の硫黄山で250年ぶりに噴火が始まり、噴煙は高さ500メートルまで上がった。

4月21日は噴火の心配をしましたが、当地の霧島市は何の問題も無くとても良い天気で
絶好の上棟式日和でした。

上棟式のしきたりは関東と霧島市ではほんの少し違いがある様でしたが、大した差はありません。違いがあるとすれば、供え用のお神酒が関東では日本酒2本にたいして当地は焼酎3本でした。

大変おいしい 2段折りのごちそうをいただきながら話も大変盛り上がりました。本当にごちそうさまでした。

その後、うちの後藤とお客様それに大工さん、電気屋さん等コンセントや壁の下地 そしてまだ決まっていない仕様について、打合せを飛行機の出発ぎりぎりまで行い 空港に向かいました。

次に来るのは多分 屋根工事、レンガ工事や内部造作工事が始まってからになると思います。もうそのころは、硫黄山の噴火も落ち着いていると思います。

 

みなみ野 菖蒲谷戸公園Ⅱ

2018/04/27

みなみ野 菖蒲谷戸公園の藤棚を見に行きましたが、少し遅かったのか、例年より花の元気がないように見られ少し残念です。

そして公園内のアヤメはとてもきれいに咲いていました。また、クレマチス(鉄線)も見事です。

下の竹林では「タケノコ」が地面から出ていました。

近くの街路樹の「さくらんぼ」も色づきはじめました。

 

みなみ野 バラ街道1

2018/04/20

今年もバラの季節がやってきました。我が家の一番バラはめずらしく 初めて
「アイス・バーグ」です。花つき良く育てやすい、殿堂入りした

白バラの名花 枝先に房になって花を咲かせるフロリバンダ系の白花を代表するバラが「アイス・バーグ」です。花の美しさはもちろん、

温度さえあれば冬でも花を咲かせる強健で育てやすいところも評価され、世界バラ会議で殿堂入りをはたしている名花です。

我が家では「アイスバーグ」の下草に「ブルールのピナス」そして「白いオルレア」が良く似合います。

毎年恒例で最初に咲くのは 「ロサ・キネンシス」別名 庚申薔薇です。中国の貴州省、湖北省、四川省を原産地とする。バラでつるはかなり長く伸びます。

花と実は、生理痛、生理不順、甲状腺の腫れに効能があるとされ、伝統的な中国の漢方薬として使用されている。とても丈夫な育てやすい バラです。

次に咲いたのは 「つるピンクシフォン」です。例年はやや遅咲きですが、今年は早く咲いてくれました。香りは微香であまりかおりません。3.5m位延びますが、

シフォンと名がつくだけあって 薄くやわらかい花びらで色合いも薄いので上品な感じがします。うどん粉になりやすいですが、とても可愛らしい花です。

 

みなみ野GG 16

2018/04/12

みなみ野GGも いよいよ足場がとれて 全体がはっきりわかる様になって来ました。外構工事もこれから どんどん進んでゆくと思います。

外部は給排設備工事、電気工事、ガス配管工事、ブロック工事等 少し先が見えてきました。もう ひと頑張りです。

内部工事は毎日 クロス工事、電気工事、屋内給排水工事等 そして器具取付大変な賑わいです。このクリニックが完成すると 多分 外観 内観ともかなり 評価されると思います。

マッハシステムにより空気環境、高気密高断熱による快適性 そしてスギ花粉等の侵入を
防ぎ スウェーデンの2+1のサッシュ採用により防音性が飛躍的に高いと思います。

妊婦の方やあたらしく 生まれた赤ちゃんにも喜んでもらえると思います。手術後の方にもやさしいく 静かな環境を提供できると確信しています。

内装も洗練されたデザインと設備になっています。

鹿児島県 輸入住宅 洋館 F氏様邸 Ⅲ

2018/04/11

今日からF氏様邸のフレミング工事 が始まるので現場に打ち合わせに行きました。床工事が終わっていたので 工場で製作された 壁パネルをクレーン車を使って組み立てて行きます。

大工さんの段取りが良ければ、3日、4日で1回の壁工事は終わりますが、2階の床工事、壁工事と続きます。ただ F氏様邸も 建物全体と外観がかなりこだわって設計しましたので、

屋根工事はかなり大変だと 思います。次回は上棟式に来る予定です。

数日前に霧島連山の新燃岳が噴火したばかりだったので 少し心配していたのですが、まったく問題はなく、地元では心配してる人はいませんでした。

霧島市には京セラの大きな工場があり そして大きな ホテル京セラがあります。現場の近くなので、今夜はそこに 宿泊することにしました。

霧島市 海鮮料理 こんぴら丸

2018/04/10

霧島市の F氏様邸にフレミング工事(建て方工事)の打合せに行きました。昼食は海鮮料理を食べたかったので こんぴら丸 鹿児島 隼人店に入りました。

お店の正面にいけすが あり中に アジやサバ そして真鯛が泳いでいました。 魚好きの私はその魚に 目が釘付けになり 当然 ランチの注文は刺身定食 アジもサバも当然ながら

いつもの関東の 魚より大きく もの凄く新鮮でかみごたえがありました。子供の頃 よく食べた味がしました。そしてなにより 私はきびなごの刺身です。

このお店は網元直営のようです。大中型 巻き網船団 「金比羅丸船団」が鹿児島近海で獲った新鮮な魚らしいです。とてもおいしくて 値段も安くてすばらしいとおもいます。

牛深の港で見た光景を思い出しながら、おいしくいただきました。又ぜひ来たいと思います。
私は天草の海ではアジやサバは父とよく 一本づりにいったことを思い出しました。

竜馬とおりょう(日本初のハネムーン)の足跡を辿る

2018/04/10

名湯の里として 全国的に知られている鹿児島の霧島。実はこの霧島は、幕末の革命児・坂本竜馬とその伴侶おりょうが、日本人初のハネムーンに出かけた土地と言われている。

二人の有名なエピソードとして知られているのは、かの有名な「寺田屋襲撃事件」である。
薩長同盟の仲立ちをはたした翌々日1866(慶応2)年1月23日、伏見の船宿に宿泊していた

竜馬は百数十名の幕府方役人に取り囲まれた。その様子を湯殿で目撃したおりょうは、裸のまま飛び出しこの急を竜馬に知らせた。おかげで竜馬は手傷を負いながらも薩摩藩邸に保護されたという。

この事件をきっかけに、竜馬とおりょうの関係は一気に深まった。傷を負った竜馬に霧島での温泉治療をすすめたのは西郷隆盛だった。そのいきさつを作家・司馬遼太郎は小説「竜馬がゆく」の中にこう書いている。

一方、竜馬は別のことを考えていた。新婚旅行である。この男は、勝からもそういう西洋風俗があるのを聞いている。いっそのこと、鹿児島、霧島、高千穂と、おりょうを連れて新婚旅行にでかけた。

霧島のたびのなかで二人がもっとも長く逗留したのが、刀傷によく聞くと言われていた「塩浸温泉」だ。竜馬らが入浴したという湯船が今も残されていました。

そして、竜馬が姉への手紙で「犬飼滝」がすばらしいと書いていますが、展望公園から見る滝は見事です。

 

そばつゆでいただく 「黒豚しゃぶ」

2018/04/10

そばつゆで食べる黒豚しゃぶしゃぶを、日本で初めて作った「いちにいさん」の国分店というお店で「かごしま黒豚」をごちそうになりました。

成長期にサツマイモをを食べるとことで、独特の旨味と甘味が増すといわれている「かごしま黒豚」。きめ細やかな繊維質を持つ上品でやわらかな赤身と、旨味を含んだ白身が特徴です。

しゃぶしゃぶのたれと言えば、ポン酢やごまだれなどが主流ですが、このお店で出るのは「そばつゆ」。最初はよくわからなかったのですが、日本そば屋が母体と聞いて納得です。

そばつゆを引き立てる名脇役が「特製ゆずこしょう」と白ネギで食べる 黒豚しゃぶしゃぶはとてもおいしいです。とてもたくさんご馳走になったのですが、黒豚しゃぶしゃぶ、豚バラかつ

きびなごの刺身、さつまあげ、黒豚玉子焼き、飲み物はもちろん、鹿児島の芋焼酎です。とても おいしくて、ほろ酔いかげんで少しふらふらしながら、ホテルまで歩いて帰りました。

みなみ野GG 15

2018/04/09

いよいよみなみ野GGは、内部電気配線工事,内部給排水設備工事、そしてマッハシステムの熱交換器、ダクト配管工事もほぼ終わりました。

手術室の空調工事も終わり、ボード工事も終わり、後はクロス工事そして
器具取付工事に入りますので、現場の方達も頑張っていますが、もう少しですので、気を引き締めて頑張ってください。

外部の電気工事、給排水工事、土間コンクリート打ち。そして、擁壁と通路工事等 たくさんの職人さんが、頑張っています。建物の床工事 いよいよ工事の最終段階です。