菓子工房 ヴェールの丘

2018/01/10

お客様を現場を案内して 打合せの後 みなみ野の「菓子工房ヴェールの丘」のおいしい
モンブランをご馳走になりました。商品は生菓子が約40種類くらい、焼き菓子・ギフト
など約50種類くらい取り揃えてあります。お店づくりに関しては、フランスの田舎町を彷彿させるようなフレンチカントリーの雰囲気をコンセプトに作られてあり、イートインスペースも素敵でした。ここの社長さんとは犬ともですが、殆ど毎朝 愛犬のプードルと散歩をされています。
愛犬をとてもかわいがっていますが、ヴェールの丘のケーキはどの種類もおいしいです。

 

みなみ野 GG 13

2018/01/10

みなみ野 GGは2階の壁、屋根工事も終わり 外部養生シートも貼ることができました。
後は内部 電気配線 給排水工事の後 天井、壁の石膏ボード工事にかかります。空調工事
はとても複雑ですが、マッハシステムの全館空調です。ここからは雨や雪が長く 続かない限り順調に進むと思います。

 

 

九州新幹線

2018/01/04

今年も正月休みの移動は新幹線にしました。新横浜駅から東海道新幹線、山陽新幹線と乗り継いで博多駅で九州新幹線に乗り換え 熊本駅です。上京の時は逆になりますが、新大阪駅から熊本駅までの直通の新幹線もあります。
九州新幹線は平成16年に新八代駅~鹿児島中央間、平成23年に博多~新八代間が開業し、平成28年3月現在で1日125本運転しています。このうち、46本(23往復)は山陽新幹線に乗り入れ、新大阪と鹿児島中央間の間で相互直通運転を行っています。

車両はN700系 新800系の2種類が運行されています。九州新幹線は非常に揺れが少なく乗り心地は最高だと思います。

藍のあまくさ村

2018/01/04

「日本一の天草四郎像」のある藍のあまくさ村。天草のうまかもん、を一堂に集めた「天草うまかもん市場」は、天草の特産品が勢ぞろいです。カフェエリア「島cafeブース」では、南国気分でくつろげます。あまくさの特産品が揃い、天草魅力満載の物産館です。ほぼ試食も可能なので、じっくり選んで買うことができます。ちくわ かまぼこ 海産物や干物がありました。

 

NHK紅白歌合戦初出場おめでとう

2018/01/04

短い正月休みが終わり、故郷を後に車を走らせていたら、母校の後輩のNHK紅白歌合戦を祝う看板を見つけました。彼らの名前はロックバンド WANIMAの松本健太君、西田光真君
藤原弘樹君です。私の母校の中学校は有りますが、小学校は三校が合併して一校になってしまいました。本当に寂しいです。そんな町から彼らみたいな頑張る若者が出てくるとは立派なものです。我が故郷の英雄を誇りに思います。

 

みかんの収穫

2018/01/01

今年も初詣は稲荷神社と宮田神社に行き 神主様に祈祷していただきました。午後はみかんの収穫を家族みんなでします。我が家の果樹園は有機肥料、無農薬ですので、見た目はあまり良くないですが 差し上げた方には無農薬なので 喜んでいただいてます。ただ量が多いので全部を収穫できないので、残りは親戚にお願いしています。みかんの種類は4種類あります。

晩白柚 ザボンの一種で果実は大きく、最大直径25㎝、重さ4キロにもなる。果皮は薄い黄緑色、小袋に包まれた実は薄い酸味があり甘い、香りがよく、日持ちがする。みかん科で世界最大の果実として ギネスに認定されているらしい。

パール柑 天草が名産の柑橘です。グレープフルーツのように爽やかな風味で肉質は柔らか、さっぱりとした上品な果物です。果肉が真珠色にキラキラ輝いていることからパール(真珠)柑と呼ばれるようになりました。

デコポン 果皮は黄橙色、果肉は橙色で、頭部が凸(でこ)状に盛り上がっている。甘味と酸味があり美味。清見とポンカンをかけ合わせてつくられた品種です。「デコポン」は商標名。

ポンカン なんともいえない独特の芳香が最大の特徴です。外皮は剥き易く、果肉を包む内皮はやわらかいので袋のままで食べられます。少し種があります。ボコボコした皮は、一見するとみかんよりも厚くて剥きにくそうですが、実際には、小さいお子様でも剥き易く、薄皮ごと食べることが、できます。

この4種類のみかんを収穫して希望なさる お客様や社員 そして業者さんに配りました。

 

世界文化遺産・三角西港

2017/12/30

久しぶりに三角西港のハイカラな建築物を見たくて寄ってみました。三角西港は、明治政府の殖産興業の政策に基づいて築港されました。オランダ人水理工師であるローエンホルスト・ムルドルの設計と、天草の熟練した石工たちの施工により行われた。築港に関わった人々は、石工13万8376人、大工8421人、人夫5万591人、潜水夫300人とも伝えられている。びっくりしたのは、当時の最新技術を用いて近代的な港湾都市を造ったという点。当時、国外貿易が可能な良港を持たなかった熊本県にとって、三角西港の誕生は県民の悲願ともいうべきものだったとおもいます。

三角西港にかけた期待と完成の喜びは数々の逸話として伝えられている。中でも落成式は、盛大に執り行われたという。訪れる来賓の数も膨大で、旅館や民宿だけでは宿が足らず、民家でも接待をしたというから、その賑やかさは推して知るべしだ。その後も港の発展と共に、道路沿いには二階建ての商店や旅館が立ち並び、埠頭沿いに白壁の倉庫群が続々と建てられた。

現在、往時の建物はほとんど残っていないが、三角西港が持つ独特の重厚感は今なおおとえることはない。その証拠として、数多くの小説や映画、ドラマ作品の舞台として選ばれ、作中に美しい姿を残している。もっとも有名なのは小泉八雲による小説「夏の日の夢」である。そして私もよく見ていた、NHKドラマの「坂の上の雲」に登場したのを見て、あらためて見に行きました。いくつかのハイカラな建築物が並んでいる姿は、まさに「明治のニュータウン」である。

天草五橋

2017/12/30

毎年の恒例行事ですが、天草の実家に帰省しました。最近は殆ど新幹線を利用して帰省が多いです。今年は去年より新幹線が混んでいた、気がします。熊本駅から車で家に向かう途中
必ず通るのが私が子供の頃完成した天草五橋です。
天草五橋は、九州本土と天草をつなぐ五つの橋で、昭和41年9月に開通しました。天草パールラインとも呼ばれており、三角から大矢野島・永浦島・大池島・前島を経て天草上島までつながっています。

国道266号線上にあり、総延長は17.4㎞。1号橋から5号橋まであり、現在は無料ですが、完成した当時は通行料がかかっていました。当時の普通乗用車で800円、軽乗用車で70円であり、12歳以上の人が通行する場合にも20円かかっていました。30年で償還する予定でしたが、わずか10年(昭和50年)で無料開放されています。平日で16000~17000台の通行量があったそうです。無料開放されるまでの期間を見ても天草五橋の重要性がわりますね。
そして現在、新たに自動車専用の新天門橋が建設中で、平成29年度中に完成予定です。

一号橋(連続トラス形式) 天門橋 長さ502m 中央径間300mは連続トラスとしては開通当時世界第一位
二号橋(ランガートラス形式) 大矢野橋 長さ249.1m ランガートラス156mは当時
日本第一位
三号橋(PCラーメン形式) 中の橋 長さ361m スパン160mは当時
世界第二位
四号橋(PCラーメン形式) 前島橋510.2m スパン146mは当時
世界第四位
五号橋(パイプアーチ形式) 松島橋177.7m 本格的パイプアーチとしては
日本初
天草五橋が完成したのは、熊本県議会において最初の提言がなされてから、なんと30年も経過してからのこと。 橋が完成してから50年経ちますが、完成した昭和41年9月に博覧会が有り 祖母に連れられて行った記憶があります。それまでは、客船で宮田から三角港や八代港に渡り そして汽車に乗っていました。天草の人にとって とても大事な橋だと改めて思いました。

 

 

我が家の バラの剪定

2017/12/13

伸び放題の我が家のバラの剪定を 始めました。ツルバラ 株立ち 四季咲き 一季咲き等 色々な種類があります。毎年バラをきれいに咲かせるためにかかせない作業の一つが剪定です。剪定する事でバラのツルが良く伸びて、たくさんの蕾をつけるようになります。剪定で枝の風通しがよくなり、病気や害虫の被害からバラを守ることが出来ます。
バラは枝を切ることによって花をつける植物です。またその枝は三年ほどで花が付きにくくなってきますので、新しく発生する枝(シュート)と入れ替えて古い枝を準じて根本から切ることで、常にたくさんのきれいな花を咲かせることが出来ます。もちろん剪定をしなくても花は咲きますが、花が小さくなったり、樹形が乱れたり、枝が込み合って風通しや日光が届か無くなったりして、病気が発生し易くなって、株全体が弱くなってしまうことになります。バラの剪定は良い花を咲かせるだけでなく、株をいつも元気に若々しくしておく上でも重要な作業です。
私はバラの栽培を始めたころは、古い大きな枝とか 新しい細い枝はなかなかもったいなくて切れませんでしたが、思い切って切った方がいいと思える様になりました。