2018年 クリスマス ジャズ コンサート パーティ

2018/12/14

今年も毎年 恒例のクリスマス ジャズ コンサート パーティの時期がやって来ました。私の担当はバンドの 手配とワインと食事の手配です。

 

まずは、Drums 大井澄東 1975年10月19日静岡県出身。3才よりピアノを始め、オフコースのドラマー大間ジロー氏に衝撃を受け ドラムを始める。

18才の頃からブラックミュージックに興味を持ち、筑波大学ジャズ愛好会にて
ジャズドラマーに転向、同時に大坂昌彦氏に師事。

大学在学中にピアニスト・KAZUとの出会いをきっかけにプロとしての演奏活動を
開始し、多くの有名バンド、セッションに参加。

2008年8月 渡米。演奏活動の傍ら、NYにあるドラム専門学校Drummers Collective
にてドラミングを学ぶ。

2002年8月にはLake Placid Instituteの主催するジャズキャンプに奨学金を受け参加し、伝説的ドラマー・Billy Hartに教えを請うなど様々な音楽経験を積む。

2002年12月に帰国し 日本での音楽活動を再開。現在、様々なバンド・セッションで活躍する一方、2008年には自己のグループを立ち上げ精力的に活動中。

また、尚美ミュージックカレッジ専門学校にて教鞭をとる傍ら、後進の指導にも積極的に携わっている。

Bass 清水昭好 1985年2月6日 福井県出身。幼少の頃から作曲に興味を持ち、14才の時エレキべースを始める。大学時にジャズ研入部をきっかけにウッドべースに転向し、独学で取得。

2006年から都内でプロ活動をはじめ、多数のミュージシャンと共演 2015年からオリジナルを中心とするリーダーバンドを開始。

Piano 福井アミ 4才よりエレクトーンを始め、6才よりヤマハジュニア科専門コースで作曲・編曲を学び、クラシックピアノを岡山好直氏に師事。17才よりユキ・アリマサに師事。

洗足音楽大学在学中から、セッションへの参加、ライブハウスでの演奏を始める。2017年1月から2か月間、JAL国際便JAZZチャンネルにて、アルバム”New Journey”
から”Into the sky”が機内音楽として採用。

以上のJAZZトリオ ドラム ベース ピアノのクリスマススペシャルライブでした。

ワインは「勝沼のぶどうの丘」で試飲をして買ってきました。横浜展示場の所長の坪松のワインリストが大変好評でした。

またサンドイッチも大変好評でした。お客様と色々とお話ができてとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。また来年のクリスマスパーティも喜んで頂けるように頑張ります。

コメントは受け付けていません。