片倉城跡公園 2

2018/04/29

室町時代に築城された片倉城と、残された自然環境を守るため、昭和46年度から整備された この公園は、四季を通じて様々な自然に親しむことが出来ます。

20年程前まで 近くに住んでいたので、早春のカタクリ、初夏のハナショウブの見ごろの時期にはよく 散策に来ました。そして、いまでも訪れています。

彫刻広場には 長崎の平和記念像で有名な北村西望氏の彫刻をはじめ西望賞を受賞した作品など、多くの彫刻が展示されており、自然とともに文化に親しむことができます。

また、はす沼があり、アオサギ、カルガモ、カルガモ、等の水鳥や ハクセキレイ、シジュウカラ、などの野鳥がたくさん見られます。

野鳥を撮影する人なら、だれでも撮りたい カワセミもやってきます。カワセミが来ると大きな望遠レンズをつけた カメラ持った 腕自慢のアマチュア カメラマンがたくさんやってきます。

私も何度も見ましたが、とても綺麗な鳥です。個体によって羽毛が違うので、どこのカワセミか判断できます。

菖蒲だなにはたくさんの菖蒲が植えてあり、これからが見頃になります。水車小屋や少し小高い所にあずまがあり、ベンチで休むことができます。

夏にはホタル池でホタルが見られます。近くに住んでいた頃は子供とホタルを見に来たことがあります。いろんなことが経験できる楽しめる公園です。

 

コメントは受け付けていません。