竹内 健 【横浜展示場 所長】

 
「長く住んでみるとまた良さがわかるね」 その一言が嬉しくて。

● 所属部署・役職 : 営業部 部長(横浜展示場所長) 
● 名前 : 竹内 健(たけうちたけし)
● 生年月日 : 1964年7月31日 しし座
● 血液型 : A型
● 出身 : 
● 入社年月日 : 1999年10月
● 資格・特技 : バスケットボール(学生時代より、もう30年以上になります)
  気密測定技能士
● 趣味・お休みの日の過ごし方 
趣味は「体を動かす」 こと。ジョギングしたり、泳ぎもやったり。
今度自転車もやりたいんですよね。となるとトライアスロンとなりそうですが・・・ 
最近はめっきり。まずは運動不足解消から、でしょうか(笑)
でも、ハーフマラソンの大会とかマスターズの大会くらい、出たいなぁ。


■ 仕事内容を教えてください。

お客様にいつでも来ていただきやすい展示場づくり、
立川展示場の所長として、お迎えの準備をしてお客様をお待ちしています。
もちろん、お客様の家づくりを初めての打合せから、最後のお引渡しまで、
その窓口としてお客様が気持ちよく家づくりができるように応対させて頂くのが私の役割です。

■ この会社(業界)に入った理由はなんですか?

私の前職は、家づくりとは程遠い仕事で、石材屋で大理石を取り扱っていました。

ただ、当然一般的な目線で家づくりには夢を持っていました。
中でも輸入住宅には憧れがあって。
単純に格好いいじゃないですか。例えば電車から街並みを眺めていて、
いいなぁと思ってみると、レンガ造りの輸入住宅だったり。
実際、今気づくとあの時いいな! ってふと思っていつも眺めていた家が今思うと天草の家だった、
なんてこともあったりするんですよ。

そんなわけで、転職を決意した時には住宅の仕事というのも一つの選択肢としてもっていました。
最終的に住宅を仕事にしようと決意したのは、実は社長と面談した時ですね。
社長の話しにはずっしり響く熱意と哲学があって、
住宅を扱うということよりも寧ろそちらに惹かれた感じでしたね。

■ 「この仕事をやってて良かった」 と思う瞬間は?

楽しみは、年末のご挨拶の時・・・ですね。
本当に快適に過ごしているお客様の様子を拝見すると、
嬉しさがこみ上げてきますし、ほっとする瞬間でもあります。

「長く住んでみるとまた良さがわかるね」
その一言が嬉しくて1年、1年、そのご満足が続くように、
そうやって年末に伺うお客様が徐々に増えていくことも楽しみの一つです。

■ 今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

我々の家づくりは、一軒一軒オーダメイドの注文住宅なので、
お客様の夢や理想をたくさん聞かせて頂くことと、
それをしっかり汲み取った提案をすることが大切です。

私の役割としては、そのプロの提案の部分ここに神経を集中しています。
思う存分吟味して頂き、最終的にはお客様のご納得してスタートしてもらうこと。
これが大切なことだと思っています。

最終的な出来栄えも同じです。イメージと違ったなんてならないように。
細かい説明と、メリット・デメリットをしっかりお伝えすることで、
お客様には安心して楽しい家づくりをしていただければと思っています。

■ 社内で 「これをやらせたら右に出るものはいない」 ということはなんですか?

どんな人とでも話せることですね。
元々は人見知りな方なので、そのような方の気持ちも汲み取りながら、明るくご案内したいと思います。

また、お客様によっては我々の住宅は敷居が高いとお感じになっている方もいらっしゃるかもしれませんね。もちろん、そんなかしこまる必要はありませんよ。家を建てよう! そうお考えの方であればどなたでもご判断の中に入れて頂ける住宅を提供しています。

その部分ですね。必要以上に敷居を高く感じさせないように、明るくオープンに。
ちょっと見に来ただけというお客様も喜んでお迎えさせて頂きたいと思います。
立川の展示場は、大人数でのパーティールームにもできる部屋もありますので、
お客様で活気溢れる雰囲気を出せたら最高ですね。

■今後、仕事(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

既に話してしまっていますが、立川の展示場を含めた天草の家をもっと身近に感じてもらえるように。
住んでいて幸せそうなお客様の顔を見ると、
家づくりをお考えなら一度はこの空間を体感して欲しいなぁと思いますから。
だからこそ、敷居の低いモデルハウスの雰囲気づくりはしたいですね。
スタッフみんなもお客さまと一緒にもっと明るくなっていけたら、最高ですね。
プライベートは・・・いつか天草で自分の家を建て替えたいですね。
息子が卒業するまでは難しいかもしれませんが。